自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

なぜ子どもたちが考えることができなくなったのか。その分析を間違えた

陰山

要するに、子どもたちが自主的に考えることが大事だからということで、きちんと教えるということを放棄したわけですよ。その結果、子どもたちは校内暴力をするようになり、学校に不登校が増えて、そして学力が低下したんです。

佐々木

そもそも、きちんと考える子どもを育てようっていうことと、わからない子どもに教えることを放棄することとは、因果関係がないように思えるのですが……。

陰山

そう。だからそこの、なんで考えることができなくなったのかって分析を間違えた。たとえば、1981年から90年ごろにかけて校内暴力や不登校が増え始めた。だから、とりあえず子どもたちに対する受験圧力を避けたんですね。それはよかったんですよ。

で、それでよかったもんだから、もう一段、今度は自ら考え、自ら学ぶ形にしようという形でやったわけ。それは、やっちゃいけないことまでやったんです。

佐々木

教えることを放棄した?

陰山

放棄してしまった。さらに生活をきちっと管理することをやめた。

佐々木

う〜ん。自ら考える力を伸ばすというのは、大切なことだと思うけれど、お話伺っていると、やっぱり生活管理を放棄してしまってはダメですよね。プライバシーの侵害だということで、さっきお話に出たように、家庭訪問に行ってもドアから入らないで玄関口で話が終わってしまったり。

陰山

そう。それで個性尊重だとかきれいな言葉で言って、その結果、一生懸命、それこそ評価はかわらないけれども、子どもたちがちょっと成長するということを喜びにしてきた教師たちの意欲と芽を摘んだんですよね。

そこへもってきて、今度は教職員を給与で評価しようっていう話でしょ? そうすると今度、一番恐ろしいのはね、1万円、2万円、給料アップするために頑張る教師が出てくると、チ−ムワ−クが崩れる心配があります。

いい学校というところは、うちの職員でもいますが、まったく目立たないところで、校長が何言おうが、教育委員会が何言おうが、地道にがんばる教師がいます。彼らへ評価がたいへん難しい。そこを粗末にしていると、それこそ、まさしく学校の崩壊の危険性があります。

20/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english