自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

教育委員会の評価も入れてください

陰山

教育予算はどうなっていくのか、たとえばイギリスの教育改革がよく話題になりますが、教職員評価や学校評価のことは話題になりますが、教育予算の増額や、教職員の給与の在り方など、現場をどう応援するかという視点の対策はなぜか議論されていませんよね。そこに不安が残るのです。

何より現場の疲弊はかなり末期的症状を見せています。モラルの頽廃の原因はどこにあるのか。罰則を厳しくするだけでいいのでしょうか。私は学校の壁の向こうとこちらで相当なずれが起きていると思います。だめな教師を排除するという発想だけで問題は解決できるとはとうてい思えません。とりわけ重要なのはリ−ダ−の判断と決断です。最終的には教育委員会や校長の判断ではないでしょうか。

今の制度の中でも、うまくマネ−ジメントをやっている教育委員会や校長もいます。だから、教職員を評価するんだったら、教育委員会の評価制度も入れてください。教育長さんの評価制度も。

そうすることで、責任の所在がはっきりし、もし教育活動がうまくいかなくなったとしても、方向転換ができます。問題は、うまくいかなくなったら全部現場教師のせいみたいなことが言えるような制度だと、教師の方が引いてしまいかねません。

佐々木

そうですね。

22/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english