自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第64回 木村 佳子さん

win-win

64
株式評論家 ファイナンシャルプランナー
木村 佳子さん

自分を売るための名前づくり「証券チャレンジャー」

佐々木

でも証券チャレンジャーとして、デビュー。それ面白いですよ。どうしてそういう名前を思いついたんです?

木村

当時の株式評論家って松本亨さんを筆頭に完全な男世界だったんです。株式コラムのタイトルも『兜町特捜班』みたいなおどろおどろしいタイトルでギャンブル記事と同列にスポーツ紙を中心としたところに『松本亨の一発銘柄』みたいな連載があり、女性向けの株記事などはまずなかったんですよ。

私は「女の株式評論家がいてもいいんじゃない」って言っても、「お前馬鹿だな、株って男が書くからいいんじゃないか」とかスポーツ紙のデスクに言われて、全然相手にされないわけです。その頃は。

で、「証券チャレンジャー」とか、かわいらしい名前をつければいいかな、とか思って。「マネーライター」っていうのも造語として私が作ったんですよ。で、名刺にマネーライターとか証券チャレンジャーとか、いっぱい作ってみて、受けがいいものを使おう、定着させようって思って。

ラジオ局なんかで、「証券チャレンジャーの木村佳子でーす」とか、「マネーライターの木村佳子でーす」とかって言ってたんですが、リスナー受けは良くて「いいじゃない、この人たまに間違えたことを言っても、松本亨さんじゃないんだし、大学の先生でもないわけだから」って。OK、OK、っていうような感じだったんですよ。

で、聞いてくださっている方も、みんな団塊世代だったり、昭和一桁の方だったりで、「まあ若い人が、株やってチャレンジするのもいいんじゃない」みたいな感じで、温かく受け入れてくださった。

13/27

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english