自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第64回 木村 佳子さん

win-win

64
株式評論家 ファイナンシャルプランナー
木村 佳子さん

団塊ジュニア、30歳前後の人たちのパワーを感じます

佐々木

なんだか、乗りのりになってきましたが(笑)、一級FP技能士の木村さんから見ると、株に興味を持っている女性たちが増えている昨今、見えてくる現象があるんじゃないですか?

木村

皆さん、勉強意欲が強いですよね。特に「あ、世の中、ばーんと変わるんだな」と実感しますのは団塊ジュニアの方、つまり28歳から31歳くらいの方のパワーですね。

今から15年前に日経平均株価が最高値から崩落しバブル崩壊が始まるわけですが、その時、団塊ジュニアは13〜16歳でしょう。彼らは株価激下がり以外に大企業がなくなったり、合併したり、グローバルスタンダードで世界競争になって年功序列、終身雇用、定期昇給制度が崩れたりということをずっと見聞してきているわけですよ。自分の親が会社倒産に巻き込まれたり、株や不動産で損したりということも経験している人もいます。

そして今はね、彼らの中にはホリエモンみたいな人もいるわけですけれども、年収300万円前後で派遣社員というスタイルの方もいるわけです。だからそういった人たちの中には「年金をもらう30年後、2035年は日本はどうなってるんだろう、私はこのままで大丈夫なの」って、それこそ真剣に考えている方がいますね。

長年、アヒルの水かきをしてきた私は、非常に彼らの心情にシンクロするのです。その方たちの「これは自分達のお金問題、だから、なんとかしなくっちゃ」という圧倒的なニーズ、チャレンジ精神というのが、今のマネーブーム、株式活況の背景にはあると思っているんですね。彼らがマネーブームを支えてくれているんです。

佐々木

その頃の年代って、将来不安なんて関係なく、仕事力をつけて、自分で将来稼げる人になろうって夢中なのかと思ったら、かなりクールに現実を見て、今の資金の運用に熱心ということなんですね。

木村

そうなんです。あとは、団塊世代の1947〜1950年生まれの方々が、2007年から2010年くらいに退職年齢に差し掛かりますでしょう。でも、公的年金をもらうまでには5年の猶予期間があるんですよ。で、その間、どうやってお金の運用をしていこうかというニーズも強い。加えて昭和一桁、大正世代の方々は、まだまだ頭が冴えてらっしゃる。時間リッチで、セミナーを受講したり、運用意欲が強いですね。

ただね、バブル期に自分がいくつだったかは非常に大きなポイントです。

佐々木

どういうことですか?

21/27

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english