自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第64回 木村 佳子さん

win-win

64
株式評論家 ファイナンシャルプランナー
木村 佳子さん

バブル期に就職した方は……

木村

バブル全盛の1986〜1989年に22歳だった方って、1964〜1967年生まれですよね。大学時代や就職のときにとても恵まれた環境だったでしょう。また、この世代の方は1997年秋に事実上導入された金融ビックバン当時も35歳以下だったので、何かと大変だった日本企業を捨てて、当時盛んに進出してきた外資系企業に難なく転職できました。この方達が、2005年の今、38〜40歳くらいになっています。

佐々木

はい。

木村

もちろんその年代でも多様な方が活躍していますから、一概には言えませんが、今が40歳、という生物年齢上の、あくまで生物年齢上のとお断りしておきますが(笑)、初老期に差し掛かって、初めて「人生には引き算がある」ことを実感して、びっくりなさっている方も少なくないのではないかと思うんですね。

私の実感としてはホモサピエンスの生物年齢の力の頂点は35歳です。以降はどんなにがんばっても生物としては衰えていく。

佐々木

なんだか悲しい気分になってきます(笑)。だから、私なんか、メロンリペアを毎朝飲んでるんです、って言い張りたい気がしてきますが(笑)。

木村

はい。私もちゃんと飲んでますよ。切れたとき、「飲まなくても大丈夫?」と。サボると、やっぱマズイことが鏡面にて実感で、今日も対談の帰りに買って帰りますとも(笑)!

で、初老期の話に戻りますが、そのときに成長型のライフプラン、マネープラン、欲望体系では壊れるんですよね。そういうことに気がつくのが40歳前後なんです。

40歳代前半はそれが受け入れられないで悪あがきする(笑)。でも時期を経て、いずれ気持ちに折り合いをつけ、いかに戦略的に幕を下ろしていくか、つまり死に準備、次世代再生プランを立てる準備期として自分の年齢を受け入れられるようになる。そして、さらには生まれ変わるところまで考えるわけです(笑)。

バブル期に女子大生だった方は今の今、40歳前後で初めて「人生の暮れ方研究期」に突入して「拡大一辺倒ではいかないのだ」という発想の転換を求められ、精神的にはつらい時期かと思います。

22/27

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english