自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第67回 アシハラヒロコさん

win-win

67
インテリア・アーキテクト
アシハラヒロコさん

建築と内装と、両方です

佐々木

建物の外の概観から、間取りから、そして内装から、家具から、アートまでやっていく。リネンや食器までと伺うと、本当に生活シーン自体から、その器となる家の内と外、ということですから、ライフスタイルのクリエータという感じですね。

アシハラ

ありがとうございます。小物は、おいておいても、家具などの存在感のあるものは空間の大きな表現力となります。大きな物から素材感まで丁寧に解いている。ゆえに、設計とインテリアデザインとコーディネーションと全部やっているということなのです。

佐々木

それはやっぱり箱全体の美しさとか完成度を高めるためでもある?

アシハラ

そうです、クオリティとか。

佐々木

あんまりいい表現じゃないかもれませんけど、生活する人の視点よりも、作品を残したいという視点ではないかなあ、という建築物もありますよね。生活観がないというか。その、「住む」と「住まい」を結びつけるということを提案されている建築家が少なかった中で、アシハラさんがユニークなんですね。

アシハラ

そうですね、少ないのかもしれませんね。

3/24

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english