自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

高校卒業時には、目的意識を持って欲しい

服部

それと目的意識。ぼく、実は、入ってくる学生を見ているとみんな目的意識がしっかりしているんですよ。栄養士になりたい、調理師になりたい。その点は、この学校が始まって以来変わらないんです。だけれど、だんだん学生が変わってきたんですよね。なんか、やる気ないやつがいたり。

で、入学1週間くらいで担任がぼくのところに来て、なんか、辞めたいって言ってますって。「何が気に食わないんだよ」って言うと、「そうじゃなくって、確かに自分は調理師でやるつもりだったけれど、やっぱり別の分野に行きたいと思います」って。

佐々木

(笑)

服部

「あなた、目的意識はっきりしてたんじゃないの」って聞いても、「ですけれど、もう、やりたくないんですから」って。そういう人間がどんどん増えてきちゃって。それでこれ、どういう現象なんだろう、って。

それで、ぼくは、高校の先生方に集まって食育の研修をさせてもらったときに、聞いたんです。「先生方は、最終目標としてどんな教育をたてられているんですか」って。すると、みんなまちまちなんですよ。それでね、ぼくが望むのは、目的意識をはっきりした人を育てて、我々に送って欲しい、ということだと言ったんです。

志をきちっと持った人が欲しい。上級学校に行くか、もしくは就職になるわけだから。志があまりになさすぎる、って。それは先生方が悪いんですよ、って言ったの。

そこでぼくはね、幼稚園から保育園、小学校、中学校、高校、大学まで調べたんですよ。まず大学の先生をつかまえては、どうして生徒がこうなるんでしょう、とかね。高校の先生に聞くと「それは中学に問題があると思います」って言ってね。中学の先生に聞くと「小学校の先生に問題がある」と。

あなたがたみんな逃れっぱなしだ、と。きちんとやらなきゃだめですよ。で、まず、幼稚園と保育園は何かな、と思っています。区別を教えてくれなきゃ困る。

12/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english