自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

まず、親のせいにさせてもらいたいんです

佐々木

区別?

服部

区別。学校で初めて世間のいろいろな人に会うわけです。そこでたとえば、あなたのものは私のもの、私のものは私のもの、じゃ、いけないですよね。

佐々木

もちろん。

服部

で、お母さんとかお父さんのものをちょっと取っても、ダメよ、で済むんだけれど、今度は物を盗ったらこれは泥棒じゃないですか。そういうことからきちんと、まず幼稚園、保育園はハッキリさせてくれないと困ります。

そう言ったら、「ほー」ってみんな言うわけ。で、小学校で、協調性。中学校で社会性。高校で志。じゃあ、大学、短大、我々の学校は、っていうとね。ぼくは使命感だろうと思うんです。

自分が今習った知識であるとか技術というものを使って、どう世の中に、それを、自分なりに達成感だとか満足感だとかを得られるというのは、やっぱり使命感を持たせるということ。

だから我々は大変なんですよ。入学してくるでしょう。そうしたら、区別から教えるんですよ。区別を教えて、協調性を教えて、社会性を教えて、それで志をもう一度やって、出すときには使命感まで持たせなきゃいけない。

佐々木

それを2年間で、ですか?

服部

2年間で。大変。

佐々木

でもそれは先生の信念がカリキュラムに反映されるから、2年間でなんとかできるんですね。

服部

そうしませんとね、社会に出たときに、おたくみたいな学生要りませんよ、って言われちゃうんですよ。ニートだってそうでしょう。なんでこんなにニート増えたんですか。もう100万人ですよね。

親が悪いんです。幼年期から児童期に、しつけをキッパリして、いかに働かないと自立できないかを、きっちり教えていないからです。ぼくは、まず、みんな親のせいにさせてもらいたいんです。まあいろいろ事情はあるでしょうけれど。

どこにも行かなくても、何やってるの、とも言わない。仕事をしなきゃ食べられないっていうことを教えない。こんな人間ばかり続々出しちゃってどうするの、って。だからね、今の親が親としての能力を持っていないということですね。

それを教育するにはどうすればいいのか。今の子供に期待して、今の親の、だいたい40代の頭くらいまでの人はみんな入れ替わらなきゃだめだ。

もちろん、いい人はいるんですよ。一握りのいい人はいるし、一握りの悪い人がいるんですよ。ぼくは今一握りの悪い人のことをいっているんですけれども、だけれどその一握りがね、二握りになり三握りになったらどうするんですか。これは怖いなと思いますね。だから食を通じての人間教育で、食育なんです。

佐々木

本当にそうですよね。食べているもの影響しているでしょうね。テレビで見たのですが、夜、街でフラフラしている高校生に毎日の夕食を聞いたら、「素うどんとコーラ」と言って、見せてました。あれじゃ、気力もでない。

13/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english