自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

食を、選ぶ。旬を、選ぶ。

佐々木

食育の3つの柱、の一つ目に先生は「選食」を挙げていますね。食を選ぶという力なんですけれど、私も私なりに、たとえば卵だったら、放し飼いかどうか、えさの内容はどうか。野菜だったらどんな肥料で、どんな土地で、どんな育ち方をしたとか、というのを自分では見ます。先生がおっしゃる食材を選ぶ力というのはそういったことですか。

服部

もちろん今おっしゃったようなこと。それとやっぱり、力を一番持っている時期がどういうことです。

佐々木

旬の食材かどうか、ということですね。

服部

そう。旬の食べ物が、1年で一番栄養価が高いことはご存知かもしれないけれど、それだけじゃなくてね、人間のカラダがその時期に欲している食べ物でもあるんです。

佐々木

食べ物とカラダのベストマッチを選ぶ、ということですね。

服部

そう。それから安全かどうか。遺伝子組み換えなのか、農薬いっぱいなのか。たとえば減農であっても、農薬を取る方法を、やっぱりきちんと覚えておかないといけないし。加工食品の利用度も増加しているので、化学物質などの含まれている量など、カラダに悪いものをどう排除するかという、選ぶ能力。これは絶対必要だと思います。

それともう一点は、カラダにバランスよく摂れているかということ。これで生活習慣病を予防できる。子供の生活習慣病がずいぶん増えてきているので、これをやはり、子供のときから正しておかないといけないですよ。

4/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english