自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

骨密度を高くするために

服部

さらに、7歳から14歳っていうのは、一番背が伸びるときなんです、骨が。それこそ、3か月4か月の間で5センチくらい伸びちゃうんです。

佐々木

そうですね。11歳の娘の伸び方は驚きます。

服部

そうでしょう。それで、骨密度のピークが20歳なんです。だから、生まれたときから20歳までの間、親として、子供の食生活の面倒を見るべきなんです。

ところが、親御さんがめちゃくちゃな人が多い。だから親だけではダメなんで、小学校中学校にはバシッ、と義務教育の指導要領の中にきちっと入れてくれ、と。それに、できたら幼稚園・保育園の中も、親御さんと先生方との間に信頼関係を作って、きちっとやってほしい。

20歳までに骨密度をきちっと高めるということはどういうことかというと、それまでにバランスいい、本当にいいものを、選食して食べていれば、太くて重くて密度のある骨ができあがっているんです。

佐々木

はい。

服部

ところがね、ぼくは赤ちゃんからお年寄りまで解剖をしたんですけれど、骨密度が一番ピークにきている20歳前後の人たちで、70代80代の骨をしている人が増えてきた。もう軽石みたいな状態。

子供のときからのバランスの悪い食生活や、ダイエットをさせているということがわかる。だから最近、小学生や中学生の骨折が多いんですね。バランスの悪い食生活をさせている。これは親が面倒見なければだめですよ。親がダイエットしちゃってますから。

佐々木

骨密度を高めるというと、カルシウムをとったり、牛乳ばかり飲ませたりと考えてしまうんですけれど、そうではないということですね。

服部

そうなんです、違うんです。食事全体のバランスなんです。

5/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english