自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

かっこいい仕事に、しなくっちゃ

佐々木

ところで、先生が、食に関する仕事をかっこいい仕事にしなくっちゃおっしゃってますが、よくわかります。私が子どもの頃、調理師とか栄養士という仕事は、とても地味でした。先生はどうしてこの仕事を選ばれたんですか?

服部

ぼくはそういう家に生まれたから。そういう教室を家でやっていたから。だからぼくは、かっこいい仕事にするために、というのを、いつも考えていたんです。昔は、「包丁一本サラシに巻いて」の人情モノとかね、何か事件があると、「調理師が……」なんていう殺人事件も多かったんです。

佐々木

そうですか? それはちょっと……(笑)。

服部

いや、新聞に、昔は、「調理師だ」って出てたんですよ。で、調理師法ってうちの父が協力して作ったんですよ。それで、食育基本法はぼくが国と協力して作った。2代続いて、食に関係する法律に関連したっていうのは珍しい、と言われました。要は何かって言ったら、彼らをかっこよくしてあげようと思っているんですよ。

で、はじめ、20年前に『TVチャンピオン』という番組で料理人が競い合うっていう、技を見せる番組を提案したんです。それまでは、大食い王みたいなのをやっていたんですよ。でも、それにぼくは協力しないと、なぜなら、カラダに悪いから。「みんなこの人たち、長生きできないよ」って。

それで、ぼくが料理人を用意するから、日本料理の人の、大根をかつらむきで何メートルまでむけて、長い人の技術のすごさとかを競い合わしたら、面白いとなって始まったのです。それで別のテレビ局から、料理の対戦をやるから、って言われて。それが『料理の鉄人』なんです。

21/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english