自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

世の中に認められる人を作りたい

佐々木

工夫されながら、かっこいい仕事にしていく、ということですね。でも服部さんご自身にとって、小さなときから身近にある調理師とか栄養士とかは別にかっこ悪いものとか嫌なものではなかったのですか?

服部

嫌ではなかったけど、社会の評価が低かったんです。なんかねえ、地味で。

佐々木

やはりそれは、ご自分が関わるのだから、かっこいい仕事にしようって思う、ということですか。

服部

今の若い人たちに受けるから「かっこいい」っていう言い方をしているけれど、つまりは、世の中にきちんと認められる人を作りたいと思ったのが、ごく最初。生きがいのある職業としてね。そうじゃないと、「ああ、調理人?」なんて、こういう感じでした。

佐々木

そうですね。私も覚えています。栄養関係の学校に進む人たちをみて、将来の仕事はなんだろうか。給食の……。

服部

おばさんね。

佐々木

……そういうお仕事と、あと他になんのお仕事があるのかしら、って思うような、まだ時代だったと思うんですよ。

服部

時代だったんです。そういうことを考えれば、やっぱり自分が、たまたまメディアの中で仕事をしている機会を持っていたから。ぼくはこれ、テレビ関係とかに自分が出ていなかったら、そんな気はなかったと思いますよ。広めるのは無理だった。

だから今、他の学校の先生に、「どうやってテレビに出られるの?」と聞かれるんだけれど……。何々、むずかしい問題です。

22/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english