自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

初めてのテレビ

佐々木

何がきっかけだったんですか? 一番最初は。

服部

今から26年前かな、1980年ごろに、今のテレビ朝日の、『日曜ビッグスペシャル』というので石原軍団に、2万人のカレーを作ってくれって頼まれたわけ。

大きなプールみたいなのを作るから、それをこう火をいれて、カレーの具を入れて作ってやってほしい、って言われて、ホテルニューオータニの前あたりでやったんですね。

佐々木

それが初めてですか。

服部

初めてっていうか、たまには料理番組の協力はやっていたけれど、本当に自分が出かけていって、うちの教師とか助手を使ってやったのは初めてなんです。そのときに、いわゆるNHKでお料理を作ってくださいとかいうのとは違う、エンターテイメント性が出ていた。今があるのは、そのとき協力してくれた人のつながりなんですよね。

今、週にレギュラー番組が9本あるんです、うちの学園で。ぼくが出ているのはその内の2本くらいですけれど。徐々に出ないようにしているんです。

佐々木

先生のこの服装も、やっぱりトレードマークとしてお選びになったのですか?

服部

これ始めたのは、そんなになっていないですね。16、7年ですね。途中からね。

佐々木

やっぱり、おしゃれな雰囲気を出すために。

服部

自分に個性がないのは分かっていたから、何かね。いや、白衣着てたら誰だか分からないですよ。それで、白衣を真っ黒にしてみて、着てみたら、ああ、ぼくはどちらかというと首が太いから、見えないほうがいいのかな、と思って、自分で作ったんです。

そうしたら、ベストドレッサー賞を1995年にもらえちゃったんです。翌年に、今度はぼくはそれまで眼鏡をかけていなかったんですけれど、なんかメガネはしたくなかったのです。そこで目立たないメガネがほしかったので探しにいったら、小判型は女性用しかなかったんです。そこで小判型にするために、レンズを大きくカットして作ってもらったわけです。かけてないイメージにしたいので、ふちのない透明のって。そうしたら、眼鏡ベストドレッサー賞をもらったわけです。なんかそういうふうにね、一つ一つがみんなつながっていったんです。

佐々木

やっぱりご人徳もあるし、食が地味といわれていた時代から、先生の工夫で多面的に華が添えられてっていうのが。

服部

もうなんかしなきゃいけないっていうのがあったね。

23/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english