自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

日本人には、日本食がいいですか

佐々木

日本人が食べるときは、やはり日本食がカラダに合ってるっていうことですか。

服部

そうですね、様々な調査をやっていて分かるんですけれど、ハワイで、一世、二世はだいたい日本人と同じような病気になるんですよ。ところが三世以降はね、いわゆる現地の人と同じようになるはずだったのが、面白いことが起こったんですよ。

三世、四世を調べてみると、糖尿病の発症率が、アメリカ人1に対して、日本人が6.4倍にもなっているわけですよ。何でだろう。で、今度また調べ始めた。おかしいじゃないか、同じものを食べているのに。

そうしたら、我々日本人の腸の長さが、6〜70センチ長いんですよ。

佐々木

聞いたことあります。

服部

どうも日本は、縄文時代から現在までに122回飢餓があったというのが、地層学で分かるんですよ。お米とか穀物がとれなかった年というのがあるわけです。豊作だった年とか分かるんです、地層で。

ところが、ハワイとか常夏のところにいた人やアメリカ本土から来ているアメリカ人、彼らは縄文時代から見ていると、飢餓の年がそんなに何回もないですね。で、日本人の10分の1くらいしかない。

日本人は、来年悪い年が来るかもしれないというDNAが働いていって、食べたものみんな吸収しちゃうんですよ。次に食べられないかもしれないという恐れで、脂肪としてため込んでしまうようです。それが分かった。

佐々木

本当に?

服部

だから面白いなと思ったの。日本のネズミと外国のネズミは、また違うんですよ。

24/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english