自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第74回 橘・フクシマ・咲江さん

win-win

74
日本コーン・フェリー・インターナショナル株式会社
橘・フクシマ・咲江さん

あらゆる論点を聞いてから、整理するような発言をします

フクシマ

それがなかなかできないんです(笑)。できればいいなと思うんですけれど。

発言回数が少ないわりには、実際には思いつきでしゃべってるんです(笑)。いろんな方たちがお話をされているのを聞いて、「おかしいな」って思うことがあると、沸々とくすぶるタイプなんですね。「やっぱりそれは、あるべき姿じゃないでしょう」などと。

ただ英語は外国語なので、自分が思うままに、まとまりのない発想を話していたら、向こうにはわからないと思うので。同じ発言の仕方でも、どこからスタートして、どういうロジックで話をしたら、言いたいことを分かってくれるかなというのは、確かに考えますね。

わたしは、他の方の話をずっと聞きながら、だいたい議論がまとまりそうになったところで、「すみません」と言って手を上げるから、議長には嫌われるタイプだと思いますね。「ようやくこっちにまとまってきたのに、また引き戻すようなことを言う」と(笑)。

でも、途中でディスカッションに入って云々するよりは、いろいろな方がおっしゃることを聞いて、あらゆる論点みたいなものが出て、全部のマップが見えてから「でも、やっぱり、こうでしょ?」って整理するみたいな発言の仕方が、たぶん自分には向いているのかな、と。

ですから、必ずしもどのタイミングでどう話そうかをきちんと考えているわけではないんです。

ただひたすら、「なんか変。なんか変。……でも、どうして変なんだろう? 何がしっくり来ないんだろう?」と考えているうちに「あ、そうか。こういう風に自分が思っているから、これとこれを合わせるとおかしいんだな」とわかって、発言するというケースが多いですね。

5/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english