自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第74回 橘・フクシマ・咲江さん

win-win

74
日本コーン・フェリー・インターナショナル株式会社
橘・フクシマ・咲江さん

「アカデミックス」と「ビジネス」の違い

佐々木

何が面白いですか? ビジネスは。

フクシマ

一番面白かったのは、学問の世界との違いですね。たとえば何かリサーチしますよね。学問の世界だと、仮説を立てて、あらゆるものを検証するんですよね。誰からも非難されないように、「あれも見ました。これも見ました。それも見ました。こういう説もあります」とすべて網羅するんですね。

ところがビジネスは、「そんなもの、どうでもいい」と。要するに、「結果、どうやったら儲かるの?」という、それがあって、そのためにロジックを展開していく。

ですから、最初に解決策の提案を出す場合でも、さんざん多様なデータを見た結果、できるだけ削ぎ取って、シンプルにしたら何が見えるかというのを見るわけです。そして、一旦仮説を立てたら、それに照合するデータを集めていくっていう。このプロセスがとっても新鮮だったんですよ。

佐々木

アカデミックスでの守りのリサーチから、攻めと転じたところが。

フクシマ

攻め。おっしゃるとおりですね。それで仮説を立てて、検証していく。提言を作成し、それをクライアントさんに理解していただけるような説明をする。その楽しさかもしれないですね。何かの問題解決のためにやっている。まあ、ある意味では、ちょっと思い込みで(笑)。

佐々木

やっぱり、行動を起こした結果、変化が必ず見えるっていうのが、「ペーパー書いて終わり」っていうのよりも、ずっと面白いですよね(笑)。

フクシマ

ええ。それと、評価が非常にはっきり出ますので。ある意味で、数字でしっかり出ますから、それも学問の世界とは違いますよね。

学問の世界は、どういう先生が気に入ってくださるかとか、かなり外的要素もある世界ですから。別に私は研究者ではなかったですけれども、そういう世界を見ていて、はやり、本当に数字で勝負できるところが面白かったんだと思います。

佐々木

数字がお好きなんですね?

フクシマ

ええ、数字が好きというより、努力した結果が明らかに表れるというのが。たぶん私は、そういう意味ではこの仕事に就いて非常にラッキーだったのは、会社が数字重視の会社だったことです。数字が上がっていたら、「女性だって男性だって全然関係ない」という結果主義なところがあって。努力をコツコツすることによって、結果がある程度出る仕事だったっていうことが、たぶん非常にラッキーだったんだと思います。

24/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english