自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第77回 石倉 洋子さん

win-win

77
一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授
石倉 洋子さん

Can't read. Re-sendから、英語に

石倉

そうしているうちに、黒川さんのグループが書いた「医学生のお勉強」という、医学生のためのケース・スタディを集めた本を見つけたのです。

「あ、これ私たちがビジネス分野でやっているケース・スタディと同じだ」と思い、「このケース・スタディを使う方式は私たちがやっているのと同じです。ところであの本、どこで手に入るのですか」というようなメールを黒川さんに出したのです。もちろん最初のメールは、日本語だし、敬語で書いたわけ。そうしたら、途中で文字化けしたらしくて、"Can't read. Re-send."という返事が、最初の返信で来たのです。

それで、「あ、そう、そっちがそう英語で来るならこっちも英語で」という感じで、メールは英語、感想などは日本語の別ファイルにして送ったら、読んでくれて、それで交流が始まりました。

佐々木

"Can't read."から英語になったんですね。

石倉

そう。そこからずっと英語。黒川さんは偉い人だから、日本語だと「恐れ入りますが……」みたいに、謙遜して丁寧語で書かなきゃならないですよね。でも英語だと、単刀直入にガンガン自分の意見が自由に言えるでしょう?

「医学生のお勉強」の本についても、「自分はまだ版権を持っているけれど、出版社と相性が悪くて(笑)絶版だ。"I keep the rights. Any suggestions?"」というメールが返ってきました。そこで、"any suggestions?"か。それなら、なんだってsuggestできるってことだから、と思って、いくつかの代替案を書いた表を送ったのです(笑)。

3/22

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english