自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第92回 戸谷 圭子さん

win-win

92
株式会社マーケティング・エクセレンス マネージング・ディレクター
戸谷 圭子さん

顧客のこと、知っているつもりなんです

戸谷

まだまだ、全体としては、顧客の視点を持とうということを思っていないというか、むしろ、「自分たちは、お客さんのことは分かっているんだ」っていう思い込みがあるんですね。

銀行って接点がすごく多いでしょう。店があって、渉外さんがいて、お客さんと直接話している人たちがたくさんいるので、「その人たちが普段会ってるんだから、お客さんたちの声は聞いています。自分たちが一番よく知ってます」っていう、自負があるんですね。

佐々木

でも実際はそうではない、ということですよね?

戸谷

店に来る人も、渉外さんが行って会える人も、ごくわずかですし、銀行員の視点で見ている。

最近は、投資信託とかリスク商品って、銀行でも随分売れていますけれど、お客さんに、私たちがプロジェクトをやる時に直接話を聞くと、「銀行の人が説明していることがさっぱり分からなくて」と。そして、「分からないので聞くと、その説明をされる用語がまた分からない」。で、「何だか分からないまま買ってるんです」という人も、すごくたくさんいる。

銀行員は仕事一筋のよく働く人たちなので、普段の生活の仕方も全然違うし、給与水準とかもやっぱり違います。銀行員の視点で見るお客さんと、お客さん側から見る、銀行の出しているサービス、商品の見方というのが、どれぐらいギャップがあるかということに気づいていないですね。お客さんがどこまで知識あるかということも。

特に、上に行けば行くほど、役員さんとかは、いいお客さんにしか普段会わない。いいことを言ってくれる、しかも法人のお客さんにしか会わないので、自分に一般生活者の視点が欠けているんだということに、気づく必要があるんです。けれど、それを認めない、認めたくない、というところがまず最初にあるんですね。

佐々木

裸の王様になってしまわないように、ということですね。そこで、生活者視点とビジネス視点の両方を提供するイー・ウーマンのマーケティング提案と考え方が一致して意気投合したんでしたよね。戸谷さんのところは、それに気づいてもらうようにするために、データマイニングも活用していましたよね。

10/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english