自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第92回 戸谷 圭子さん

win-win

92
株式会社マーケティング・エクセレンス マネージング・ディレクター
戸谷 圭子さん

「意識が変わり始めた人たちがいる」というレベルです

佐々木

それと、同じ職場で、同じ体験をしてきた栗田さんというパートナーがいらっしゃったのも、1人で始めるよりずっと安心だったでしょうね。仕事は順調でしたか?

戸谷

最初は全然順調ではないですね。ただ、たまたま、なぜか、「会社を辞めて、これから起業します」と知っている人たちにご挨拶に行ったところで、まだ会社も作っていないのに、「じゃあ、君たちにコンサルを頼むから、やってくれ」っておっしゃってくれたところがあって、これはもう本当にびっくりしたんです。それも実は都銀だったんです。

当時の都市銀行のカルチャーとして、まだ会社もできていない、これから会社を作る個人に、コンサルを頼むなんていうことが通るわけがないと思ったんですけれど、通してくれたんですね。で、その半年のプロジェクトというのが最初に決まっていたので、そういう意味では最初から仕事がありました。

佐々木

それは嬉しかったですよね。

戸谷

「都銀もこれだけ変わったか」と思ってびっくりしたのと、とりあえず、よかった、面白かったですね。で、スタートしたんですけれど、その後はそれほど簡単ではなかったです。まだ自由化が本当に始まったばかりで、銀行に行くと、「うちの銀行にはマーケティングは要らないと思う」とか、「うちの文化には、マーケティングは合わないから」という、そういうところからですね。

「普通の企業で、マーケティングをやらない、マーケティングが必要ない企業がありますか?」っていう話なんですが、今まで銀行は本当にマーケティングがなかったんですね。なくてもやっていけたのです。

金融全般にそうではあるんですけれども、マーケティングということ自体の必要性から説いていかないといけない。そういう時期でした。だから、最初の頃は本当に大変だったのです。

佐々木

長い道のりを歩いてきた、ということですね。さっきから出てきている、リテールというか、顧客中心主義というのは、変化してきていますか? 最近の銀行は理解し、変わってきましたか?

戸谷

やっと変わり始めた、変わりつつあるけれども、まだ……。

佐々木

意識が変わり始めたけど、結果がついてこないっていう、そういうステージでしょうか?

戸谷

「意識が変わり始めた人たちがいる」っていうレベルかもしれないですね。

佐々木

ああ、まだそういうステージですか。

9/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english