自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第92回 戸谷 圭子さん

win-win

92
株式会社マーケティング・エクセレンス マネージング・ディレクター
戸谷 圭子さん

「リテールに特化します」と言われて

佐々木

5年目以降は、合併委員会にいたから、居心地の悪さを感じないで仕事ができたけど、もしそのまま本部にいたら、もう少し早く辞めていたかもしれないということですね。

戸谷

たぶんそうですね。

佐々木

でも、そういった息苦しいという環境の中でも、戸谷さんは「何か変だ」「変えなくては」って思いながら仕事をしたわけでしょう。それは、なぜ、そういう風に思うようになったんですか?

戸谷

当時、都銀が13行あって、埼玉銀行は一番下の方だったんですね。で、自由化になって、「これからは、埼玉銀行はリテールでトップバンクになる。リテールをやらないと、もう生き残れないから、リテールに特化します」と、「特化」という言葉も使って、リテールに力を入れるということを最初に発表したというか、方針を決めた銀行なんです。

銀行というのは、カルチャーとして、法人部門がとにかく偉くて、法人担当者が出世をしていく。で、リテール担当者、個人顧客を担当している人なんていうのは、ドブ板踏みの営業をしている。使えない人がそっちに配属されるという、そういうカルチャーだったんです。でも、そちらを大事にするって言い始めたんですね。それはもう大改革ですよね。

佐々木

「リテール」なんて言葉が出てきただけでも大改革なわけですよね。

戸谷

そうなんですよね。で、「これは面白いかも。何かやれるかも」と思って、企画にいたんです。けれど、やっぱりできないんですね。

「リテールに力を入れる」って言ったのはいいんですけど、何も施策が出てこないんです。やろうとしても潰されていくとか、大蔵省から許されないとかで、何も始まらない。そこで、もう痺れを切らしたというのがあります。

佐々木

銀行に入ろうと思ったのは、なぜですか? 最近の新聞記事で、やっぱり今年の人気企業ランキングでも、銀行はしっかり上位に入っていたりしましたけれども。

戸谷

私の時は、やっぱりバブルちょっと前ぐらいで、銀行は人気がある業種でもあったんですけど、私は特に銀行に入りたかったというわけではないんですね。

佐々木

そうなんですか。

戸谷

それは、とてもいい加減な決め方をしていて。

大学の先輩で男性の方なんですけど、埼玉銀行の方がいて、その方がリクルーターで。私、関西の出身なんですけど、地元で会っていただいたんです。その時に言われていたのが、「13行あって、今、下から2番目だけど、これから自由化になってどんどん変わるから、埼玉銀行がトップになるというようなことができるようになった」「これからそれをやるから」。

その方のおっしゃることがとても魅力的だったので、信じて、素直に、「面白い、下の方に行こう」と。「大きなところに入って動けないよりも、動きやすい下のところに行こう」と。で、埼玉銀行に入ったのですが、「全然違うじゃない」という話で(笑)。

佐々木

その先輩はどうされたんですか?

戸谷

今もいらっしゃいますよ。

4/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english