自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第93回 増田 明美さん

win-win

93
スポーツジャーナリスト
増田 明美さん

食べられる選手は、強いですよ

佐々木

いろいろな資料を拝見していると、ダイエットが原因で貧血があった、ということも何回か出てくるんですが、体調管理について、教えていだけますか。特にマラソンの場合、痩せているほうがよいのだろうけれど、力は必要だし。食と体調管理のバランスも、とても難しいんだなということを改めて思ったんですけど、その辺りはどうでしょう?

増田

まず、マラソンは走る距離が長いので、いくら食べても太れないと思うんです。ですから、バランスよく、特に女性は貧血になりやすいので、鉄分を多く含んだ食品を摂る努力をしていかないといけないと思いますね。

私は、しなくてもいい減量をしてしまったので、それが後々、競技を終える時に疲労骨折を招いてしまって。それも反省点なんですけれどもね。

やっぱり、強い選手は、野口みずきさんにしてもQちゃんにしても、本当によく食べています。また、食べられる選手は強いです。

長距離選手は、夏には北海道でよく合宿を行うんです。男子のチームも来ているんですね。それで、市の人達がバーベキューなどを開いてくれるのですが、40Km走を行った後だと、男子の選手は、内臓が疲れてしまって肉を食べられないんですね。

でも、野口みずきさんなんかは、テーブルの前に陣取って、肉をバクバク食べています。その食べっぷりを見て、「やっぱり日本は男子よりも女子が強いのが分かる」って、あちこちの人が言いますね。

佐々木

へえ。走った後でも食べられる。やっぱり、内臓も強くなくちゃいけないということなんですね。

15/27

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english