自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第96回 小林 いずみさん

win-win

96
メリルリンチ日本証券株式会社 代表取締役社長
小林 いずみさん

モチベーションアップのための発信

小林

ただ、この難しさというのは、リストラといっても強制的に首を切るわけじゃなくて、パッケージを提案して、それを取る人を募るわけですよね。その一方で我々は、どうしてもいてほしい人には残ってもらうようなこともやらなくちゃいけない。その仕事もあるわけです。皆のモチベーションがすごく下がっていくなかで、「一緒にやってちょうだい」っていうメッセージも送らなきゃいけないのです。

佐々木

難しい立場ですよね。

小林

辞めていく人たちに対してできること、もそうですが、残った人たちに対してやらなきゃいけないことっていうのが、もっと重くて。本当にモチベーションがどんどん下がっていって、皆が不安になってくる時期。「次は自分かもしれない」とか「もう一段リストラがあるんじゃないか」って、どんどんそういうモードになって行くわけですよね。

その時に、「そうじゃないよ。これは、次にまた上がっていくためのプロセスだから、ここで前向きにならなきゃいけないよね。我々は、こういう方向に向かっていくんだよ」ということを、メッセージとして発信していかなきゃいけないっていう、これが一番大変だったんじゃないかと思うんですよね。

佐々木

どんな風に、そのメッセージを発信したんですか?

小林

それはやっぱり、変革の真っ最中は、そういうメッセージって、発信してもあまりにも空しいし、できないので、一段落ついたところで、「日本でメリルリンチって、こういう会社になろうよ」みたいな、そういうことの発信。

佐々木

ビジョンみたいなものを社員の前で話すとか?

小林

もちろん、タウンホールって言ってますけど、四半期の報告会で言う時もありますし、それから、本社もビジネスの見直しをやっていましたから、そこから発信されてきたものを、とにかく皆に流す。自分たちが直接社員に向かって話しかける。また一方でメディアに対して話すことで、メディアを見た社員が支持するっていう、そのサイクルとか。いろんな風に。

それから、変革の結果どうなっているのか、っていうことが、一番の皆の知りたい指標ですよね。ビジネスモデルを変えて数字がよくなってきている、ビジネスがよくなってきているっていうことを、皆が分かれば、安心するわけじゃないですか。だから、とにかく、そこの数字の回復。

それから、もうちょっと長い3〜5年のタームの、会社が何を目指しているのかというメッセージの発信。それは直接発信するものもありますし、あるいはニューヨークで言っているものをこちらで流すこともあるし。あとはお客様ですよね。お客様に対して言ったことは、お客様を通して返ってきますから。

佐々木

つまり、必ずしも社員に直接「こうですよ、ああですよ」と訴えるばかりでなく、多角的にメッセージを発信していくことなんですね。

社長の仕事は、やっぱりチームワークを作ることであり、一つのチームとして働かせるための組織を作っていくこと、ということですが、今お話いただいたリストラのステージを終え、最近の2〜3年で、チームワーク作りで注意している点、またさらに強化していることとか、ありますか?

10/23

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english