自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第96回 小林 いずみさん

win-win

96
メリルリンチ日本証券株式会社 代表取締役社長
小林 いずみさん

最初の仕事が「リストラ」でした

佐々木

素晴らしいですね、よくわかります。社長としてさまざまな仕事に取り組んできたなかで、一つ目の仕事が大きなリストラだったわけですよね。

小林

一番最初はそれです。

佐々木

最初の大きな山場。その仕事があったから、もしかすると、「ノンジャパニーズの人たちよりも、ジャパニーズの人の方が上手にできるんじゃないか」と本社の思いがあったのかもしれませんね。

小林

たぶん、そうでしょうね。それはあったと思います。おそらく、それを外国人がやると、「アメリカ流のものを持ち込んで」っていうことを言われると思うんですよね。だから、日本人がいいだろうっていうのもあった。

それから、「女性なら、その辺のメッセージが多少ソフトになるんじゃないかな」っていうのはあったと思いますよ、きっと。

佐々木

でも、ソフトになる場合もありますし、人によっては、「女性社長に首を切られたくない」って抵抗する人が出てくることだって考えられると思うけれども。

小林

我々みたいな組織って、別に社長がすべてを決めるわけじゃなくて、それぞれのビジネスのなかで議論して決めているっていうのを皆が知っていますから、自分たちがどういう環境に置かれていているのか、当然、そこまでに来るまでの間に、どういう風なことを優先順位にする会社か、分かっているんです。あとは条件交渉なんですね。

佐々木

確かに。そうすると、リストラをするというのは、誰にとっても嬉しい仕事ではないはずですが、うまくできた理由は、いくつかのティップスをしっかり踏んできたから。

小林

一つは、その頃日本としては、旧山一證券から引き継いだ個人ビジネスのところで大きな損失を抱えていて、ビジネスモデルを変えるにあたってすごく多人数の、当時2,700人ぐらいいたなかで、1,500人近く退職してもらったんです。そのときの課題は、退職に伴う金銭的補助がどの程度できるかということでした。

それに、再就職支援も含めて、自社でできることは限られているので、専門の会社に援助してもらうことも必要でした。

佐々木

アウトプレイスメントの会社に。

9/23

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english