自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2005
日中・日韓関係は好転すると思いますか?
投票結果
48  52  
307票 338票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2006年10月09日より
2006年10月13日まで
円卓会議とは

高成田享
プロフィール
このテーマの議長
高成田享 朝日新聞石巻支局長
円卓会議議長一覧
安倍首相の訪中によって、北京での5年ぶりの首脳会談が実現しました。韓国も中国と横並びでしょうから、「……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes まずまずの出だし (リリーベル・埼玉・パートナー無・25歳)
私は、安倍総理の訪中はまずまずの出だしとなったと思います。何といっても中国とはは5 年ぶりに、相手国を訪れての首脳会談ができたのですから。歴史問題は共同で研究を開始することになり、日中の両国の歴史も前進しています。あまり悲観的に見ていると、本当にますます悪い状態になっていくように思うので、日中・日韓関係は好転すると信じています。

yes 首相交代が話し合いのきっかけに (ギエム・東京・パートナー無・49歳)
それぞれの問題について、お互いに感情論に陥っているような部分もあったと思います。私自身は小泉前首相のリーダーシップや功績は高く評価していますが、首相の交代を両国との関係改善のきっかけにすることでこれまで引くに引けなくなった感情を一度収めることもできるような気がします。

no 国益のために言うべきことは言う (いまいくん・埼玉・43歳)
安倍総理に期待するのは、小泉政権での反動で中韓のご機嫌取りをしたりしないことです。歴史認識の問題に対しても竹島の問題に関しても、言うべきことをはっきり言うことが、長い目で見て国益に適うと思います。選挙も控えて「人気取り」も総理総裁の大切な役割だとは思いますが、それよりも国益第一で信念を持った言動を期待しています。

no 急にはできなくても (Aska)
劇的によくなるとは期待していません。問題が根深く複雑だからです。とはいえかつてに比べればましになってきたような気がします。首相がどうこう、政治がどうこうだけでは大きくかわることは難しいでしょう。ひとりひとりの考え方で関係が改善していくことを信じてできることをして生きたいと思っています。

no 現状のままでしょう (dokinchn・東京・パートナー無・43歳)
安倍首相は靖国参拝を続けるでしょうし、A級戦犯の方々は違法ではないと国会答弁で言われているので、日中、日韓の関係は変わらないと思います。日本がしていしまった事をきちんと謝罪し、それを中国側、韓国側に理解してもらうまで話しあいと続けていかないといけないと思います。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「北朝鮮の核実験は安倍外交の試金石」
安倍首相の訪中によって、北京での5年ぶりの首脳会談が実現しました。韓国も中国と横並びでしょうから、「好転する」との答えが少なかったのは意外でした。ニュースを分析して、もう少しふえるのではないでしょうか。

首相は胡錦涛国家主席との会談で、「戦略的互恵関係の構築」で合意したそうですが、何とも聞き慣れない言葉ですね。「互恵関係」には、政治と経済は別という「政経分離」ではなく、政治と経済の「両輪」でより緊密な関係をつくろうという意味でしょう。それでは、「戦略的」とは何かというと、北朝鮮問題など安全保障をめぐっては、互いの価値観は別にして、協調関係を強化しようということでしょう。

1971年にニクソン米大統領が米ソ対立にかこつけて、米中の国交を結んだと同じような意味づけだと思います。価値観や政治体制は異なろうと、「敵の敵は味方」というわけです。もちろん、北朝鮮と中国は敵対関係ではありませんが、ここにくさびを入れて、北朝鮮に圧力をかけるという作戦は「戦略的」であり、評価できると思います。

その作戦がうまくいくか、日中の合意ができた翌日に、北朝鮮は核実験を実施したと発表しました。北朝鮮の核放棄に向けて、日中、日韓が足並みをそろえて、立ち向かえるかどうか、安倍首相が主導した首脳会談の成果を問う試金石だと思います。日本を含む関係国がこの問題で何ができるか、考えてみましょう。

高成田享
朝日新聞石巻支局長
高成田享


関連参考情報
■ 「中国へのODA供与は卒業、妥当だと思う?」
アジア安定のかぎ、それは……
■ 「北朝鮮のミサイルに、脅威を感じましたか?」
難しい問題を考え続ける意義
■ 「日中、日韓問題を肌で感じたことありますか?」
政治的な意図に扇動されず、自分の見方を持つ
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english