自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2156
平日の夕食、自宅で調理をしていますか?
投票結果
71  29  
964票 396票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
1位
【開催期間】
2007年05月07日より
2007年05月11日まで
円卓会議とは

道畑美希
プロフィール
このテーマの議長
道畑美希 東洋大学講師 フードビジネス・コーディネーター
円卓会議議長一覧
カリスマ栄養士さん、chachakochaさん、お二人のご子息の話は、いい話ですね。うちにも小学生の息子がいる……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 生協の注文時にまとめて (ぱーと救急医・千葉・パートナー有・34歳)
1週間分の献立をカレンダーに書き込みます。そうしておけば、私の帰りが遅くてもパートナーが食べ物を見つけることができるからです。また、毎週トータルで肉と魚のバランスが整えられますし、子どもの保育園のメニューも見られるので、お弁当の日の準備もできるのがメリットです。

yes 週に一度の宅配が届いた時点で (りの*2・東京・パートナー有・36歳)
週に一度、有機野菜中心の食料品が届いた時点で、大まかな献立を決めます。我が家は、肉料理がメインに来ることはほとんどなく、ほぼ毎日焼き魚または煮魚を出すので、ボリュームたっぷりの副菜となるような野菜料理を考えます。参考にするのは、大谷ゆみ子さんの「野菜だけ?」と、材料別の索引がついているお料理本、それとクックパッド(インターネットサイト)です。あまり凝った料理はせず、旬のもので簡単に美味しく、ご飯が進むものを、と考えています。

yes 小学生の息子が協力 (カリスマ栄養士・埼玉・パートナー有・42歳)
この4月から職場が変わり、それまで17時半だった帰宅時刻が19時過ぎに……。「お腹すいたー!」という息子(小学4年生)の声とキッチンに残った洗い物(朝食のお皿)を前に私もイライラ……。そこで息子に事情を話し、協力内容を取り決めました。内容は、(1)ご飯を炊いておく、(2)ママがすぐに調理に取り掛かれる様、キッチンに残った洗い物は片付けておく、の2点。おかげで調理もスムーズに進むし、息子への感謝の気持ちでイライラも解消。やはり家族の協力が大切だと思いました。

yes 肉と魚を交互に (しまうまぴょん・京都・パートナー有・40歳)
食材を取り寄せしている業者のサイトや料理本、新聞記事を参考に献立をたてます。肉と魚が交互にメインになるように、また週に1回は野菜の天ぷらやちらし寿司など、肉も魚も食べない日を作っています。気に入った料理本を暇な時に眺めて、色んなレシピを頭にインプットしておくと便利です。あと、子どもの保育園の献立表を冷蔵庫に張り、似たおかずにならないよう気をつけます。以前、家でカレーが続いた翌日に保育園でもカレーが出て、可哀想な目に合わせたことがありますので……。

yes 高校生の長男が厨房好きに育った (chachakocha・米国Washington D.C.・パートナー有・50歳)
前任地北京では、昼夜道端で出来立ての持ち帰り惣菜を堪能した食生活から一転、米国では夕食は自宅で作るように大変身。食材の宅配もデパ地下も無い物ねだりですし、米国のデリとジャンクフード漬けでは日本人は即超肥満へひた走りです。育ち盛りのティーンふたりを抱えて健全に食欲を満たしたい! 和食が食べたい! その一心が成功の素。「おいしいね、いいにおい」長男は厨房におびき寄せられ、包丁片手に好物を作るようになりました。最大の成功です。夕食作りは家族自立の一歩ではないでしょうか。

yes 多少大雑把でも…… (イヅミン・パートナー有・29歳)
現在は育児休業中なので、料理に多少時間をかけられるのですが、現職中は仕事から帰った後、30分で夕食を支度していました。30分で調理のコツは、まず圧力鍋を使った煮物。例えば肉じゃがなどはイモも小さくは切らず、あえて二等分などで済ませ時間短縮します。とにかく大雑把に野菜や肉を大きく切ってしょうゆ砂糖などのを味料を入れ、10分程火にかけあとは火を切りおきっぱなしで完成します。この間にサラダや味噌汁が作れます。多少大雑把でもスピード優先がコツです!

yes 朝、作り置きしています (happylime・東京パートナー有・)
子どもが食物アレルギーなので、保育園の給食以外の母子の食事は、全て私が用意します。朝早く起きて、その日一日の食事を全て準備します(たまに時間切れの時は夕食時に調理します)。ですので、夕食は、朝作ったものを温めるだけ。毎食、一汁二菜を目標に準備。回転食のため、一日に使える食材が少ないので、同じ野菜を煮たり、酢の物にしたり、違う調理法で料理して、なんとか二菜にしています。慣れると楽です。我が家の定番調理法を作るとなんとかできるもんだと思います。

yes ゆで物は、まとめて (nch・神奈川・パートナー有・45歳)
土日に食材をまとめ買い。けれど日持ちのしない葉っぱものは一つのおなべで順番にゆでて冷蔵庫に入れておきます。ほうれん草はそのままおひたしにしたり、胡麻和えにしたり後工程に変化が付けられるし、ブロッコリーはお弁当のすきま埋めにすごく便利だし。外食も魅力だけれど家族の帰宅時間がバラバラでそうもいかず、外食をする費用でいつもより高価な食材を買ってみたりと自分を納得させながら日々送っています。何よりも、美味しいといってくれる家族の声が励みです。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「家庭での調理には、多くの意義が存在」
カリスマ栄養士さん、chachakochaさん、お二人のご子息の話は、いい話ですね。うちにも小学生の息子がいるので、こうやって子どもが自立していく話は、胸がジーンとしてきます。調理する、身の回りのことを自分でやることで、自立していくものなのですね。これこそ、食育なのだと考えさせられました。

調理のことに話を戻しましょう。月曜から頂いた、皆さんの投稿を読みますと、かなり綿密な計画を立てられていますね。たいていは、1週間単位でしょうか、食材をまとめて買い、肉と魚のバランスを考えながら、あるいはお子さんの給食メニューとバッティングしないように、などと考え、献立を決めていくのですね。

1週間あるいは、数日間の献立を立て、かつ、時間をやりくりしながら、調理を組み立てていくのは、素晴らしい企画・段取り力です。そして、家族を思う心があればこそ。

家庭での調理というのは、ただ、食事をつくっているだけではないのだ、ということがよくわかりました。業界では、惣菜産業は主婦の代行業とも言われるのですが、価格や品質の問題ではなく、本質的に、惣菜は主婦(夫)の代わりには、なり得ないように感じました。

これは、企業側に向かっての提案ですが、家庭で調理ができないから外食・惣菜というネガティブな発想ではなく、ポジティブに外食・惣菜を捉えないと、これからの成長は期待できないと思います。

私たちが、食生活に使うお金のうち、外食や弁当惣菜に使う割合は、42%(2005年データ)です。あくまで平均値ですが、今回のサーベイを見ると、4割も使っているのか、という気がします。

ただ、やはり世帯人数が少ない方からの投稿に見るように、小世帯での調理はかなりハードルの高いものです。家族構成が、今回のテーマのYes・Noを分けるポイントとなったのではないでしょうか。

皆さんの投票や投稿から、多くのヒントを頂きました。ありがとうございます。同時に、もっともっと家で食事づくりをしようと刺激を受けました。でも、実は、来週、惣菜の調査に海外に出かけます。パートナーと子どもは、自立の道を歩むのみです。

道畑美希
東洋大学講師 フードビジネス・コーディネーター
道畑美希


関連参考情報
■ 「今年こそ、食生活を改善したい?」
健康と美が手に入るかどうかはコレしだい
■ 「料理は栄養よりも、まず味ありき?」
ケンタロウさんが問い掛けます
■ 「服部幸應さんとのwin-win対談」
世界一、料理のできない子供たち
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english