自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2177
サマータイムの導入、賛成ですか?
投票結果
58  42  
563票 404票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2007年05月28日より
2007年06月01日まで
円卓会議とは

高成田享
プロフィール
このテーマの議長
高成田享 朝日新聞石巻支局長
円卓会議議長一覧
いろいろな体験談が出てきて、サマータイムは面白い論議になりました。みなさん、ありがとうございます。 ……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes エネルギー消費に貢献 (松蔵・海外・パートナー有・38歳)
カナダではアメリカに倣い、今年(2007年)は例年より3週間ほど早く3月11日にサマータイムが実施され、1週間長い11月4日まで続きます。恩恵にあずかるかどうかではなく、エネルギー消費に貢献とあれば(今の地球の状態を考えると)導入すべきではないでしょうか。日の出とともに起き、暗くなると寝る習性を持つ私は、夏は1日の活動時間が3時間ほどのびます。冬は4時過ぎには暗く、その後何もする気になりません。が、夏は午後10時まで明るいので、クラスをとったり散歩したり、冬の分を取り返すつもりで楽しみます。

yes 時間の観念と国民性 (Dewbow・パートナー有・41歳)
夏時間への変更(と戻り)は、日曜日の午前3時になる瞬間に再び2時、午前1時になる瞬間に2時という変化なので、個人的には寝る前の時計の調整程度で終わりです。街頭には未調整の時計もありますが、おかげで時間に敏感になり、時間を大切に思うようになりました。ただし、“朝の涼しい時間を活かす”という感覚が日本人の国民性に影響しているとすれば、時間の操作で文化が変わる可能性もあり、好き嫌いや多数決で夏時間導入可否を決めるのは問題かもしれません。

yes 家族の時間が増える? (tampopo・オーストラリア・パートナー有・42歳)
オーストラリアに住むようになって十数年ですが、おととし初めて日本の夏に帰国し、朝早くからこんなに明るいのにサマータイムを導入しないなんてもったいない、と思いました。私が住んでいる辺りでは、サマータイム時には午後9時近くまで明るいので、子どもが小さかったころは、まだ明るいうちに寝かしつけるのにちょっと苦労しました。が、夕食の後、涼しくなった庭に出て、子どもとゲームやガーデニングができるのは最高です。残業で遅くなる“お父さん”も、子どもさんと遊べる時間ができるのではないでしょうか。

no 期間限定なら効果は? (ショーン・東京)
私は「ビフォアー7」派なので、サマータイムの導入は勘弁してほしいです。洞爺湖サミットでの導入は、その期間限定なら、たとえ環境に好影響だとしても、それ以上にその地域の負担が大きいと思うので反対です。洞爺湖地域の住民が、自らの意思で導入するなら賛成ですが、「首脳サミットのため、住民は政府の指導に従いなさい」という形での導入は、試行であっても私は反対です。憲法の「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」という別の意味の言葉に置き換える準備の一環とすら感じます。

no 時計を変えなくても実行できる (kkbouziri・海外・パートナー有・40歳)
確かにヨーロッパほど夏と冬の日照時間差がないので、交通、医療、外国証券取引などに及ぼす混乱とコストを考えると無駄な制度に思えてきました。ただ、フランスのように半年間サマータイムにするのではなく、7月と8月の職場と学校の始業時間を一時間繰り上げることで、自然光の有効利用とワークライフバランスの向上という目的が十分達成できるのではないでしょうか。日本人には夏の2カ月間くらいはライフスタイルを変えてエンジョイしなさい、という制度上のゴーサインが必要な気がします。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「ニワトリとタマゴ」
いろいろな体験談が出てきて、サマータイムは面白い論議になりました。みなさん、ありがとうございます。

省エネも含めて、私たちの生活を人間らしくすることの大事さは、みなさんも同意すると思います。サマータイム制の実施は、その一助になると思いますが、「人間らしい生活」への努力を社会全体がしていかなければ、せっかくの制度も残業の拡大に終わってしまいます。

逆に言えば、そうした社会になっていれば、自然とサマータイムを受け入れられるのではないでしょうか。欧米でサマータイムが定着しているのは、切り替え時の不便さを超えて、生活にとけ込んでいるからでしょう。ニワトリが先か、タマゴが先かの議論のように思います。

「早寝早起き」は苦手な私ですが、そのほうが健全だとは思っています。ということで、ニワトリかタマゴかの判断が時期尚早かどうか、私は半世紀後の再実験に乗ってみたい気がします。

高成田享
朝日新聞石巻支局長
高成田享


関連参考情報
■ 「温暖化に危機を感じていますか?」
個人の活動の蓄積が、大きな力に
■ 「環境ジャーナリスト枝廣淳子さんとのwin-win対談」
きっかけは『地球白書』と……
■ 「池上彰の「解決!ニュースのギモン」」
二酸化炭素の「排出権取引」はどうやるの?
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english