自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2213
中国は近い将来、危険な国になると思いますか?
投票結果
82  18  
510票 111票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2007年07月09日より
2007年07月13日まで
円卓会議とは

高成田享
プロフィール
このテーマの議長
高成田享 朝日新聞石巻支局長
円卓会議議長一覧
日本にとって中国は危険か否か、そんな二元論で割り切れるほど中国は単純な国ではないですよね。Yesという……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 日本がけん制役になる (Hazel Nuts・神奈川・パートナー無・24歳)
度重なる中国産食品や製品の欠陥で、西洋諸国は中国への不信感を強めています。また、一部のアジア諸国は、巨大な国土を人口を持つ中国が影響力を強めることを懸念しているようです。しばらくの間、日本は中国のけん制役となると思います。東アジアで日本が先頭であるか、中国と並ぶか、抜かされるかは、中国が諸外国からどれだけ信頼を得られるかに掛かっている部分が大きいと思います。

yes 東アジアの一員としてすべきこと (鄙の住人・静岡・パートナー有・57歳)
中国には底知れない魅力を感じます。しかし、同時に、日本のいつか来た道を辿る現状、たとえば公害、環境汚染、危険な゛メイドインチャイナ゛、原発100基増設などなど、一気に突き進もうとしている大国の姿に危なさを感じます。東アジア全体の平和を考えれば、日本は、゛アジアで一番゛にこだわったり、米国ばかりに目を向けず、グローバルな視点で、環境汚染を防ぐノウハウで協力するなど、やれることが多々あると思います。゛白髪三千丈゛の国とは言いますが、賢く友好を保ちたいもの。

yes お互いが歩み寄れば (Struppi・海外・パートナー有・35歳)
今の中国を見ていると、戦後「追いつけ追い越せ」で必死だったかつての日本を思い出します。貿易黒字で叩かれたりもしましたよね? 中国はこれから他の国とも同調したりルールを守ったり、ということにもっと力を入れないと孤立するのではないか、と思います。今は自分たちのやりたい放題好き放題をしているイメージ(偏見かもしれませんが)があります。いつか中国や韓国、東南アジアなども経済的に強い国になってEUに対立できるアジア同盟が将来できるかもしれません。

yes 隣国日本の向上も必須 (ぷり-む・神奈川・パートナー無・42歳)
高度急速成長に伴う環境破壊で、広大な国土ゆえに、近隣国以外にも影響が出ている事を最も懸念しています。アクションの起こし方に民族性はあると思いますが、悠久な歴史とは反して、「焦り」が在るように感じます。暴走する中国をいさめる為には、大戦後発展してきた日本の、さらにこれからの在るべき姿が重要だと思います。外交の手腕も必要ですが、脇をしめる意味で、日本は教育など、中国の必死さも見習う等、自身の努力も必須と思います。

no 日本が変わらなければ。 (くわん)
中国脅威論は、日本脅威論として跳ね返ってきます。相手を変えるには、日本が変わらなければ。脅威論の悪循環を断ち切るためにも「No」としました。中国ではエネルギー確保のためにあからさまな外交を展開しつつ、風力発電にも力を入れています。日本も東シナ海のガス田が取られると騒ぐだけでなく、太陽光発電、地熱発電、フッ化トリウムによる原子力発電など、自前でエネルギーを獲得できるような道を確立したほうが、よっぽど建設的です。

no 既に危険な国 (920・三重・パートナー有・51歳)
中国は共産党が支配する社会主義国家であるため、国の方針も国民の合意で進めるわけでは有りません。国際社会においては、最後は軍事力がものを言いますから軍事費の拡大は避けられないと思います。中国で問題なのは都市と地方の経済格差や、工業化優先による環境問題、水不足、食品安全性の問題など、国内に大きな問題を抱えすぎており、暴動等が予想されることです。明るい未来を信じて付き合っていくしか有りませんが、国内問題を解決できないと張子の虎で終わるかも知れません。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
単純ではない日中関係
日本にとって中国は危険か否か、そんな二元論で割り切れるほど中国は単純な国ではないですよね。Yesという答えがずっと多かったのですが、その投稿を読むと、理由は複雑で、「苦渋の決断」を強いたことがよくわかりました。ごめんなさい。

外交面では、国と国との関係は相対的なものですから、絶対的に危険な国というのはないのでしょう。そのあたりの感覚を理解されている方がイー・ウーマンには多いのでしょうか、中国に対してと同時に、日本に対しても変化を求める投稿がいくつもありました。「危険な関係」としないようにするには、相手からの譲歩を求めるばかりでなく、自分からも歩み寄らないと、ということでしょう。

経済面では、戦後日本の高度成長を思い浮かべながら、日本のたどってきた道と比較しながら、中国を見ている人も多かったですね。急成長のあまり増長して、ひとりよがりの経済大国になられては、危険です。ただ、かつての日本と今の中国が違うのは、海外からの直接投資を中国が積極的に受け入れていることです。中国経済が破綻すれば、お互いに損をするわけで、相互依存関係の深まりは危険を弱める働きがあると思います。

しかし、その一方で中国は、日本の高度成長期のように、外資が入りにくい状態にしなかったので、資本や技術の外資依存が高まった結果、「ものづくり」という面での国産技術が十分に育っていないというマイナス面もあります。何らかの理由で、外資が入りにくくなれば、経済崩壊という危険も残ります。

それでは、二日目は軍事面での中国の危険性について、考えてみましょう。投稿をお待ちしています。

高成田享
朝日新聞石巻支局長
高成田享


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english