自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2262
年金制度、今の保険方式では“破綻”すると思う?
投票結果
95  5  
918票 52票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2007年09月17日より
2007年09月21日まで
円卓会議とは

森信茂樹
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
森信茂樹 中央大学法科大学院教授、東京財団上席研究員
円卓会議議長一覧
1週間議論してきましたが、年金の問題は、あまりに論点が多く、限られたスペースでは説明できませんでした……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 公平性の実現を (まめっちょ)
徴収は税方式の方が確実で公平なのではないでしょうか。でもそれ以外に、徴収した保険料の無駄使いや不正を正して欲しいです。

yes 税制度により最低限度の保障を (ささぽん・千葉・パートナー無・26歳)
物価を含めたあらゆる状況が時とともに変わる以上、負担額に応じて将来の給付額を画一的に定めることに意味は無いと思います。(さほど信頼されていない)政府としてはその時点の税収入により最低限度の生活を保障するに止め、あとは、個人の考え方にあわせて加入できる民間の保険を利用してもらうのが良いのではないでしょうか。その方が個人のリテラシーも向上すると思います。ということで、税方式に1票。

yes 働いている世代だけの負担は疑問 (m_shirayama・東京・パートナー有・36歳)
税方式にして全員で老人を支えてください! うちは3人の子どもを育てて教育費も掛かります。でも1人の子どもも扶養していない人が、満額で年金を受け取れるのは不満があります。少子化の今、若い世代だけに肩代わりさせている今のやり方ではやる気も希望もうせるのではないでしょうか。

yes 全員で負担を (coo717・三重・パートナー無・24歳)
私は、日本人全員で税金として負担すべきだと思います。問題点は多いけれど、日本に生まれた以上、受け入れなければいけないことです。最低限の保障を税金方式で用意し、あとは自助努力でまかなう。そのための年金保険などの準備を含め資産運用も国民は考えていくべきではないでしょうか。それに未納問題も、信頼できないから払わない、という考え方自体が信じられなくなる原因であり、身勝手な考えを正当化しているだけです。公的年金制度の信頼を揺るがず根源だと思います。

yes 税方式でもよいと思います (ゆま・東京・パートナー無・39歳)
個人的には、年金は、若い人がお年寄りを養うシステムだと考えています。ですから、自分がもらえる年金が期待できないからといって、保険料を支払わないのは間違いだと思います。保険料方式でなく、税方式にすれば、払いたいとか払いたくないに関わらず国民全員が負担することになります。国を支えるという意味では、国民全体が負担するのが当然だと思いますから、それを実現させるべきと思います。ですが、その前に、社会保険庁にきっちりと不祥事の責任を取って欲しいです。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
年金問題は、わが国の最大の問題として議論され続けることが必要
1週間議論してきましたが、年金の問題は、あまりに論点が多く、限られたスペースでは説明できませんでした。賦課方式か積立方式か、という大きな問題は、今回は議論できませんでした。しかし、今後とも年金の問題は、わが国の最大の問題として議論され続ける必要があるでしょう。

この場で皆さんと何を議論したのか整理すると、税方式か保険方式か、税方式のほうがメリットが多そうだが、最大の問題は財源をどうするかという点です。そしてその財源をどこに求めるべきか、消費税か、歳出削減か……

私は、改革の方向としては、「基礎年金部分は税方式で、所得制限、つまり福井総裁のような高額な年金を受け取る場合には、年金給付を制限する」という方式が望ましいと思います。その上で、「2階建ての報酬比例年金部分は、積立方式にする」ことがいいのではないでしょうか。

積立方式にすれば、自ら積み立てた金額もわかり、未納者には年金はないことになるので、モラルハザードはなくなるでしょう。政府はつねに、年金保険料を支払っている人に、積立額、将来の予想年金給付額を知らせる義務があると思います。

いずれにしても、機会を改めて議論することにしましょう。

森信茂樹
中央大学法科大学院教授、東京財団上席研究員
森信茂樹


関連参考情報
■ 「「年金制度の行方」高山憲之さんインタビュー」
税方式支持派の見解は?
■ 「公の年金の他に、老後に準えていますか?」
公的年金は、絶対に破綻させてはいけない制度
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english