自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2343
仕事で異文化に接していますか?
投票結果
51  49  
311票 299票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2008年01月14日より
2008年01月18日まで
円卓会議とは

馬越恵美子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
馬越恵美子 桜美林大学教授、筑波大学客員教授
円卓会議議長一覧
たくさんの投稿、ありがとうございます!仕事でいろいろな異文化に接している皆さんの様子を伺えて、とても……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 仕事の進め方 (fenghua・海外・パートナー無・28歳)
中国の教育機関で働いています。「予定」に関して考え・習慣の違いがあります。日本や欧米の例を見聞きしていると、きっちり先の見通しを立てているようですが、こちらでは直前の通知・変更がほとんど。会議や食事会は数日〜数時間前に。事務的な手続きに関することは毎学期変更になったりします。しかも言われたらそれを受け入れるのみ。それでも周りのみなさんは文句も言わず対応します。効率の悪い部分もあるのですが、これで意外とうまくいっているのです。おおらかさが身につきました。

yes 欧米人は文字びっしりでも大丈夫 (hinta・奈良・パートナー無・27歳)
京都を訪れる外国人観光客のための英語の観光情報誌の編集・記者をしています。できるだけ多くの情報を、幅広くいろいろな分野で、ということで、文字がびっしりな構成になっていることから、日本人には一見魅力がない誌面に見えるようですが、外国人はとてもしっかり文字を読むようです。写真やデザインで見せる誌面でなくとも、情報を探し、読みこむというスタイルが日本人とは少し違うところかもしれません。

yes 「察する」文化が通用しない (まゆちゃん・長野・38歳)
私の職場には、アメリカ人が2人います。彼らは、自分の仕事と誰にでも分かることや指示されたことはしっかりやってくれる有能な人たちですが、ふと自分の時間が空いたときに、「今この場で、自分ができることは何か」を考えて回りの人を助けることが苦手です。そんな彼らに、「offer helpをするように」と言い続けましたが結局無理だったようで、今では、彼らにできる仕事を見つけては「これをやって」と明確に指示するようにしています。仕方ない、そんな気持ちです。

yes 観光業に従事しています。 (ねぇこ・沖縄・パートナー無・29歳)
県外お客様以外にも、基地内のアメリカ人やお隣の台湾からも沢山お見えになり、皆さん日本語が上手で接客もしやすいです。特に台湾の方のエネルギーは凄いです。必ず箱の中身を重点的にチェックし、店頭と同じものか、電池を入れて動くかなど細かいです。又同僚からは、商品サンプルを台湾や中国にお願いすると、指示していないものや発注していないものが納品されたりと大変なようです。コミュニケーションの充実が課題です。

yes 単なる表現、とわかっていても (kkbouziri・海外・パートナー有・41歳)
イスラム教徒が多い国で仕事をしていると次回のミーティングの時間や、締め切りの時間を決めるたびに「インシャアッラー(もし神がお望みになるなら)」と言われるのですが、これにはいつまでたっても慣れません。単なる表現で、日本人が「了解」と言うのと同じ感覚なのでしょうが、どうしても頼りにならない印象をうけてしまいます。

yes お待たせ時間をきちんと伝える事 (イヅミン・パートナー有・29歳)
窓口サービスの仕事をしていますが、たまにに外国人の方がお客さんで見えることがあります。普段のお客さんにはこちらの言うまま指示に従って下さるのですが、外国の方は「どれくらい待たせるの!」との顔で待たれている気がして、この手続きには○分ほどかかります、等のご案内を一緒にするようにしています。

yes 異文化で学びました (しろくろ・愛知・パートナー無・40歳)
私は外資系企業に勤めているので毎日のように外国人スタッフ(海外オフィスにいる)とメールのやり取りをしています。そんな中で思ったのは外国人(ヨーローパ人が主ですが)は、やはりのんびりしていますね。回答が早くほしいというときに以前はas soon as possibleとつかっていたのですが、なかなか返事がきません。今では必ず期限の日時をいれてそれも実際返事がほしい日よりまえに設定してお願いすることにしています。まー日本人がせっかちだというのもありますが……。

no 今後の機会に備えて勉強したい (いんこいんこ・大阪・パートナー有・45歳)
残念ながら、今のところルーチンワークでは異文化と接触することは無いですが、海外研修などの機会が今後あるかと思います。その為にも、外国語を学ぶ機会を何とか作って自己啓発の一環にしたいですね。どんな仕事でも、多様な視点が生きると思います。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「察する文化」が通じない……「KY」をどう思いますか?
たくさんの投稿、ありがとうございます!
仕事でいろいろな異文化に接している皆さんの様子を伺えて、とても嬉しく思いました。「なるほど、そうだな、私もそういうことあったなあ」などと独り言を言いながら、読ませていただきました。

「察する」文化が通用しない……こういうことってよくありますよね。
日本だと「あれやっておいて」で通じるものの、欧米、特にアメリカでは、「これこれをいついつまでにやってどこどこに届けてください。その理由は……」などと、ロジカル(論理的)に明示的にはっきり説明しなくてはならないことが多いです。それを面倒だから、と怠っていると、仕事が進みません。
だから「お待たせ時間をきちんと伝える事」も大事になるのですね。
そして、「文字びっしりでも大丈夫」というように、英文の観光情報誌の場合は、写真やイメージが多いものより、しっかり文字が沢山書かれたものが、喜ばれるのでしょう。
「見える形でしっかりコミュニケーションすること」が、異文化の環境では大切になります。

相手の言わんとすることを察する日本人というのは、相手や周りに対する「気配り」をとても大切にするところがありますね。
これはある意味では「美徳」。日本人の良い点と言ってもいいでしょう。
でもこれをやりすぎると、周りを気にしすぎて、自分が本当に思っていることや、言うべきことが言えなくなってしまう、ということはないでしょうか?

これを象徴することばに、近頃はやりのKY(空気が読めない)があります。異文化の環境では、お互いを分かり合うために、「きちんと見える形で、分かるようにコミュニケーションすること」が必要になります。
ということはKYを恐れていては、コミュニケーションが進まないのではないでしょうか?

日本人がもっとしっかり異文化と対峙し、コミュニケーションを図っていくためには、KYを心配せずに、はっきり意見を言葉にした方がいいと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

馬越恵美子
桜美林大学教授、筑波大学客員教授
馬越恵美子


関連参考情報
■ 「あなたの職場のダイバーシティ、進んでいる?」
「ダイバーシティ」は、なぜ必要なのでしょうか?
■ 「世界で通じるプロになりたいですか?」
世界に通じる企業、そのための鍵となる人材の開発は重要な課題
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english