自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2473
医療事故は刑事事件にすべきだと思いますか?
投票結果
43  57  
349票 464票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
1位
【開催期間】
2008年06月16日より
2008年06月20日まで
円卓会議とは

藤田正美
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
藤田正美 『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
円卓会議議長一覧
PrincessTomoさんのご意見に同調される方が多いと思います。医療事故が起きたとき、素人では病院側に納得の……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes できることならYESなんです。 (PrincessTomo・東京・パートナー有・41歳)
医療関係は本当に難しいと聞きます。なぜなら当事者の中だけで処理されてしまいがちだから。第三者(家族)が立ち会っての処理(手術など)はないので、現場検証も難しい。そして何より医療用語が判りにくい! それでも、問題が発生しているのなら解明すべきと思います。それが刑事事件だろうと訴えた側がそう思うならなおさら……。だから…… できることならYESと思いました。子どもを持った今、最愛の家族に何かが起こったとき…… そう自然に感情が湧き出てきました。

yes 知識がないことは無力 (ガク・兵庫)
患者さんのことや、医療事故による被害者のことを考えると、きちんと刑事事件にして、原因の追及をするべきだと思います。専門性のある分野になると、どうしても知識を持っていない私達は無力です。そうなると、法にのっとってもらわないと、もっとわからなくなる。被害者になったとしたら、「再発を防ぐには?」と言われてもピンとこないと思うし、逆に「今のこの事件の責任は?」と問いたくなると思います。

no まずは明確にしたい (いくいく・東京)
両親が相次いで全身麻酔で長時間の手術を受けた際、誓約書にサインして感じたのは…… 我々ではいかんともし難いので手術を頼むしかなく、それは命をかけた依頼なのだということ。治療・執刀するのもされる側も生きている別の人間。普段「平気!」と思っていても体調を崩すのと同じように、予想外の状況に陥る可能性は十分ある。感情操作は自信ないが、もしもの場合は弁護士にたってもらい問題発生の過程を明らかにし、善後策を講じさせたいと思う。訴訟を考えるのはその後かな。

no とにかく真相が知りたい (palka・アメリカ・パートナー有・28歳)
まずは知り合いの医師に相談すると思います。どのような場合になぜそのようなことが起こり得るのかということは、現場にいる人が一番良く分かると思うからです。その情報を持って再度病院に話を聞きに行き、それでも納得ができなければ民事で訴えると思います。重大な問題が生じた場合には、既に手遅れであることが多いと思うので、せめてなぜ起きたのかを理解しようとすると思います。結果的に再発防止につながればよいですが、こと肉親の場合には、真相の知りたさが先行してしまうと思います。

no 違う医師に相談する (ぱーと救急医・千葉・パートナー有・35歳)
義母が受けている治療について、義母に確認すると、高齢ですし、素人なので当たり前ですが説明をされたのかどうかも含めて、さっぱり分からない時があります。時々、薬の使用方法など、主治医の考え方が分からないことがありますが、複数の医師に相談して、「そういう治療法もあるよ」と言われると安心します。警察や弁護士の前に、まずは信頼している医師に相談でしょう。

no 人は必ずミスをします。 (redsgogo・東京・パートナー有・37歳)
そもそも刑法は(医療の)過失を罪とはしていません。世の中には必ず危害を加える恐れのある仕事がありますが、システムで防ぐのが人類の英智だと思います。竹の塚の踏切事故では、誰がやってもミスが重大な事故になる状況だったにも関わらず、現場の作業員だけが罪に問われました。医師や看護師もミスが危害を加える可能性のある場にいますが、犯罪人とされることにおののいています。故意であれば犯罪人はわかるのですが、なんでも刑事罰の論調に疲弊しています。

no ケースバイケースと思いますが (白い炎・石川・パートナー有・33歳)
医師をしています。過去の事例で、なぜこれが刑事事件? と思う例がたくさんあり、現状ではとうてい刑事事件とすることに賛成できません。責任の重い仕事であることは十分承知しています。しかし、そこまでの罪が問われるのであれば、もっと慎重に診療のできる労働環境と、時には診療を拒否できる権利を与えてほしいです。次々と医師や病院職員がうつ病などで倒れ、一方で暴力をふるわれようと、医療費を踏み倒されようと(いずれも経験あり)泣き寝入りの状況ではなおさらです。

no 人間は生き物だから…… (明・東京・42歳)
昨今医療事故とされている事案の大半では、医師はその時点で可能な限りの努力を行っているように思えます。人間は生き物である以上、病気、怪我、出産等に際しては死ぬ可能性がある事を認める必要があります。

no 再発防止になっていない (rio2・兵庫・パートナー有・39歳)
人はだれでも間違えると米国の教科書の巻頭に記載されています。それをいかに防ぐかが、医療事故対策なのです。民事だけで十分です。現場では、よけいに隠蔽しようとしてしまうので再発防止という目的が果たされていません。病院に問題がある場合でも当事者だけ逮捕して何も構造的な問題が改善していないこと、多々あります。また多忙な救急医を半日以上拘束して素人の警察官に1から説明をさせる今の捜査の方法に疑問を抱いています。現場の医師を救急から撤退させるには、本当に効果的です。

no 医療崩壊 (tigers7・東京・パートナー有・44歳)
たとえば、大野事件や加古川事件、奈良事件を含め、刑事事件になり、「犯罪」であると司法が認識を示した事件の一部は,その後、産科や救命外来の医者不足に一因になっていると思います。まずは専門家による調査が必須で、刑事事件にするかどうかは慎重にしていただきたいです。
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「真実を知りたい」
PrincessTomoさんのご意見に同調される方が多いと思います。医療事故が起きたとき、素人では病院側に納得のいく説明を求めることがむずかしく、そこは司法の手を借りてでも真実を明らかにしたい…… これが多くの医療訴訟の根底にあることでしょう。

ここで私たちが留意しておかなければならないことがあります。「司法の手を借りれば」真実は明らかになるのだろうかということです。司法が明らかにするのは「誰が」ミスをしたか、ということであって、「なぜ」そのミスが起きたのかではありません。「誰」ということにこだわると、場合によっては「なぜ」が見えなくなることがあります。「なぜ」がわからないと再発を防ぐことはできません。

「……すれば、患者は助かったのではないか」という論調を見ることがあります。そうかもしれませんが、そうでないかもしれません。「お酒を飲まなければ事故を起こさなかったのではありませんか」と訊かれても、「そうとも言えるし、そうとも言えない」ということになるでしょう。必ずそうなる、というほどの因果関係はないからです。

まして警察や検察は医療に関して専門家ではありません。逮捕して警察が調書をつくるときに、どこまで正確な医療知識に基づく判断ができるのか、とても疑問です。

「真実を知りたい」というのが被害にあった患者側の立場であるならば、そこを公平な立場から明らかにする専門家の組織をつくることがいいのではないかと思います。そして、こうした組織とは別に、病院と患者の間を取り持つ人(仲介する人)が助けになると思います(これはすでにいくつかの病院で実施されています)。

もう一つ、とても興味深いのが、明さんの投稿です。人間は、死ぬ可能性があるということ、それを認めることが必要だというものです。ある医師は、「治療をすれば100%元に戻ると思っている患者さんや家族があまりにも多い」ということを言いました。人間の体はそうはできていないのです。お産ですら決して100%安全ではありません。

さて皆さんにおたずねします。これまでにご自分やご家族が手術を受けるような場合、医師からリスクについて十分な説明があったでしょうか。それとも説明が足りないと思ったでしょうか。できるだけご自分の経験から投稿していただけると助かります。また医療関係者の方には、日頃の仕事の中で、この説明で患者が納得するとは思えないというような経験がありましたら是非投稿していただきたいと思います。

藤田正美
『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
藤田正美


関連参考情報
■ 「医療事故、医師を罰するのは当然ですか?」
福島県立大野病院の医療事故裁判に日本全国の産科医が注目
■ 「産科医、小児科医の不足を実感していますか?」
減少の原因のひとつには「訴訟リスク」も……
■ 「実は世界に誇れる日本の健康保険制度」
ニュース@>池上彰の『解決!ニュースのギモン』
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english