自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2088
医療事故、医師を罰するのは当然ですか?
投票結果
57  43  
370票 276票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2007年02月05日より
2007年02月09日まで
円卓会議とは

藤田正美
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
藤田正美 『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
円卓会議議長一覧
柳沢厚生労働大臣の「産む機械」発言が大変な反発を受けています。人間を機械に例える自体が、人の健康や命……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
柳沢厚生労働大臣の「産む機械」発言が大変な反発を受けています。人間を機械に例える自体が、人の健康や命を預かる大臣の言う言葉とは思えません。「わかりやすく言おうとして」という釈明も何だかよく分からず、とても潔くないという印象を受けます。

さていま、ひとつの裁判が注目されています。事件の経過をかいつまんで説明します。福島県立大野病院での医療事故です。帝王切開で子どもを産んだ母親の胎盤を医師がはがそうとしたところ、癒着胎盤(子宮と胎盤が癒着している)であったために出血が止まらず、出血多量で死亡したという事故です。

癒着胎盤は非常に珍しいケースであると同時に、この場合は子宮を摘出して出血を止めるしかないのだそうです。しかしこの母親はまだ子どもを産みたいという希望を持っており、できるだけ子宮を摘出しないでほしいと医師に頼んでいました。このため担当医は子宮摘出しない方法を選んだと思われます。

検察はこの医師の選択が間違っていたとして業務上過失致死で起訴しました。そして先日、初公判が開かれました。

この裁判については、日本全国の産科医が注目しています。なぜなら非常に処置の難しい例であるのに、結果が悪い(患者が死亡するなど)と医師が逮捕・起訴されることになるからです。こういうケースが起きると、多くの医療現場で難しい患者に対する医療を断るケースが出てきます(というよりもうそういった例が出ています)。断るのは医師にとっては当然の「防衛手段」かもしれません。しかし患者にとってそれはとんでもない話です。

さて皆さんは、医療過誤があった場合に医師を逮捕・起訴することが妥当だと考えますか。今週はこの問題をいろいろ議論したいと思います。

藤田正美
『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
藤田正美


関連参考情報
■ 「医者の診断に疑問、不信を感じたことがありますか?」
患者にとっても医師にとっても不幸なこととは……
■ 「自分の家族の延命治療を求めますか?」
納得の「死」を迎えるために……
■ 「写真家・ジャーナリスト伊藤隼也さんとのwin-win対談」
「自分の命でレッスンしてほしくない」
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english