自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:3010
現在、ローンや借金がありますか?
投票結果
52  48  
306票 282票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
1位
【開催期間】
2010年06月21日より
2010年06月25日まで
円卓会議とは

浅井秀一
プロフィール
このテーマの議長
浅井秀一 ストックアンドフロー代表
円卓会議議長一覧
一週間にわたり、たくさんの投票と投稿を頂戴し、ありがとうございました。 投票の最終結果も、「YES」と……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 改正法に賛成ですが (Uka・東京都・パートナー有・46歳)
住宅購入した知人と話すと、必ず「こんなに利息を払うことになるなんて、驚いた」という言葉を聞きます。利息は数%と低くても、長期で借りれば大きな額になる。そんな基本的なことも、自分が実際にローンを借りるまでは実感できないのが現状です。そうした意味で、消費者のリスクを減らすため法律による規制はいたしかたないと考えます。が、一方で消費者の教育も並行して行っていただきたい。日本では何でも事業者側に規制をかけますが、かえって消費者の選択肢を狭めることもあるので。

yes 住宅ローンが……。 (まさまま・愛知県・パートナー無・42歳)
現在住宅ローンを持っている。借り入れる際、所得が有っても女性と言うことで、数件の銀行から融資を断られた。しかし、これくらい厳しくて当然であると思う。ましてや専業主婦のように所得が無い人が、借り入れできないのは当然であり、その結果闇金へ流れるのは、「お金が無ければ物は買えない」というもっとも基本的な社会ルールを忘れているのではないか?と思う。

yes 多重債務者のさらなる危機 (ぴょこん・神奈川県・パートナー有・38歳)
ちょうど、この件をラジオで聴きました。「年収の3分の1までしか貸せなくなる」というものでした。300万なら100万円です。自転車操業の人、多重債務者は本当に食べるものも買えなくなるのではないでしょうか。もっと真剣に借金から脱出する方法を考えるように促しても、それが出来ないから多重債務をしてしまうのだと思います。ヤミ金に走るかもしれませんし、軽犯罪から凶悪犯罪の増加も考えられますし、自殺者の増加につながるかもしれないと思います。

yes 住宅購入のタイミングは (qyf07416・東京都・パートナー有・42歳)
それぞれの個人、家族の事情によると思います。いくらデフレが、税制優遇措置が、新築減免が、と言われても結局は必要な時に買うことになるのですから。我が家は、今年上の子が小学校に入るので、夫婦ともフルタイム勤務だと実家の近くでなければやっていけず、引越しを考えました。私は賃貸でよかったのですが、実家からも駅からも近い中古住宅を見つけたので決めました。ただ現金では買えないのでローンを組みました。夫と持分も借金も半々ずつです。月々の負担は減りました。

yes 住宅ローン (琴姫・愛知県・パートナー有・38歳)
住宅ローン減税も当てにして、変動金利で返済期間を10年強にし、今の収入で毎月返済していける額としました。もともとの返済期間を短くすることで、繰り上げ返済と同様の効果があると考えました。頭金をかき集め、不測の事態にも対応できる程度の借入額から購入物件価格を決定しました。住宅のグレードは上を見ればきりがありませんが、金額的に納得して購入したので、トータルの満足度は高いです。

yes 貯蓄よりも繰上返済を (ヒロコ・北海道・パートナー有・48歳)
6年前に住宅ローンを利用してマンションを購入。シングル女性にとっては、背負う借金の不安よりも住む場所が確保されている安心の方が、大きかったです。今の時代、貯蓄をしてもその利息は僅か。ならば毎年定期的に繰上返済を行えば、払うべき利息は大いに減額されています。お陰さまで、60歳には完済できる目処がたち、借金の不安は減りました。

yes 満足できる住宅を手に入れるため (まめっちょ)
我が家はもともと持ち家派ではありませんでしたが、社宅や賃貸には満足できる住環境がないと感じていました。最近、部屋も環境もコミュニティも管理状態も納得のいく中古マンションに出会い、購入に踏み切りました。高額の住宅ローンを抱えることになりましたが、心からくつろげる空間に身をおくことができ、満足しています。節約で頭金を用意し、20年変動金利・ボーナス返済なしで、繰上げ返済に励むことが我が家のデフレ対策ですが、急な金利上昇に対応できるかがやや不安です。

yes 住宅はローンで買うもの (歌バカ・北海道・パートナー有・45歳)
全部現金で購入なんていうことは考えもせず、頭金を用意してローンを組みました。夫婦とも転勤族で本拠地を定めないと根無し草になるようで。購入当時は勧められるまま公庫の35年ローンを組んでしまいましたが、給料が下がったこともあって数年前に金利が低く繰り上げ償還のしやすい銀行に借り換えました。住宅ローンを組んでいなかったら金融に関しては勉強しなかったかもしれず、私にとっては金融に興味を持つきっかけとなりました。

yes 住宅ローンだけです (reikot・大阪府・パートナー有・39歳)
その住宅ローンもせっせと「繰り上げ返済」をしています。夫が色々と調べて「このくらいなら出せる? じゃあこれだけ返済しようか?」と提案してくれるので助かっています。基本的にはクレジット払いもあまり好きではない私。「信用とはなに?」と思います。

yes 住宅ローンはありますが…… (wriezo・埼玉県・パートナー有・35歳)
住宅ローンはありますが、同額の貯蓄があると利息を払わなくてよいサービスを利用しています。貯蓄はいざという時、いつでもおろすことができますし、利息を払わなくてすむように同額の貯蓄はキープするという目安にもなり我が家にはこのサービスがあっていると思っています。

no 10年先など、全く予想がつかない (chieri・愛知県・パートナー無・49歳)
収入に見合った生活をするべきだと思っているので無理な借入はしません。車ならば、貯金で無理なく購入できるランクを選びますし、家を買うにしても、せめて10年程度で完済できる物件を考えます。10年先の情勢など、全く予想がつかないですから。余裕が出来たら身の丈にあったステップアップをしていけば良いと思っています。何事においても。

no 昔は…… (おさりん・大分県・パートナー無・34歳)
昔は給料が少なかったこともありローンで買い物をしたことが何回かあります。そのローンが残っている時に退職し、収入がない時の支払にとても困りました。それ以来はローンはしなくなりました。カード払いも一回のみ、車もお金ができないと新車は購入しません。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
時代に合わせた上手な借金との付き合いを
一週間にわたり、たくさんの投票と投稿を頂戴し、ありがとうございました。
投票の最終結果も、「YES」と「NO」がほぼ半分ずつという状況で、イー・ウーマンに参加されている皆さまの家計管理及び資産管理は、一般に比べて非常に健全であるというふうに感じた次第です。

特に、住宅ローンについては、

 1.収入やライフプランから判断した適正額を借りる
 2.返済期間を短くする
 3.繰上返済もできる範囲で実行する

といったご意見が多く見られました。これらはデフレ時代の住宅ローンの組み方として理に叶っていますね。

「金利選択」に関するご報告もいくつかいただきましたが、返済期間が長すぎない場合は、適用金利が2%台半ば以上の長期固定金利よりも、2%前後の固定金利選択型(10年固定)や、金利1%代前半の変動金利型のほうが、結果的に正解となる可能性も高いため、住宅ローンを組んでいる方は見直す際の参考にしてみてください。

「改正貸金業法」については、昨日いただいた投稿の中で、まさままさんが指摘された「基本的な社会ルール」に関する教育が必要ですね。結果的に、世界でも類のないと言われるほど厳しい規制となっていますので、ぴょこんさんが懸念される「犯罪や自殺者の増加」が現実のものとなる可能性もあるでしょう。改正法の全面施行によって影響を受ける人が多いほど、社会的なコスト増となって跳ね返ることにもつながりますので、今後の状況は注視しておく必要がありそうです。

欧州を中心とした「国家債務」の問題が、私たち個人の家計や「ローン」にも大きな影響を及ぼす時期がやってくるかもしれません。時代の流れを捉えながら、「借金」と上手につき合うよう、情報収集に励んでいただきたいと思います。

それでは、一週間、本当にありがとうございました。

浅井秀一
ストックアンドフロー代表
浅井秀一


関連参考情報
■ 「金融商品を買うとき、説明書を読みますか?」
預金規定、目論見書(もくろみしょ)、 約款(やっかん)……読んでますか?
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english