自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/3/25(月) - 2002/3/29(金)
3日め

テーマ医療保障、自分で確保する必要がある?

今日のポイント

病気って、1回入院しておしまいってわけじゃないですものね……

投票結果 現在の投票結果 y96 n4 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
伊藤宏一

Chikoさん、損保に所得補償保険という保険があります。これは医療保険ではなく、病気などで働けなくなった場合、毎月一定額の所得を補償してくれる保険です。たとえば今の収入水準から毎月30万円の収入がある……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

保険も自己責任(みきすぱあだ)

世の中「自己責任」という風潮が広まりつつありますが、自分自身のこと……自分の体についても、自己責任が要求されていると思います。特に医療費の自己負担率が3割になることもあり、健康なうちに「転ばぬ先の杖」を確保する必要があると思います。

生きていくための保障が欲しい(Chiko・未婚・39歳)

もし病気で倒れたら、収入がなくなってしまうんです。最低生きていかれるお金の保証がないと、心配です。年を重ねるとともに、保障のしっかりした医療保険をと切望するようになりました。

母方がガン体質で……(くるりんちょ・東京・既婚)

祖母が乳ガンで他界し、その兄弟姉妹もほとんど死因はガン。母も4年前乳ガンを手術し、母の従兄弟たちやその子ども(わたしのまた従兄弟)たちにまでもガンを患った人がいます。母はわたしが中学生のときに子宮筋腫もしています。そんなこんなで「わたしもきっと婦人科系のガンになる」と思い込んでいるところがあります。検診には欠かさず行っていますが、やはり何らかの保障が必要と思い、夫の会社の団体医療保険と生命保険の特約をつけています。わたしの場合、「病気になるなら絶対ガンだ」と決めてかかっているので、短期入院の保障は眼中にありませんが、最近の「診断を受けただけで支払われる」という商品には興味があります。ガンは「入院して手術したらそれで終り」ではありませんから。

子どもの保障も(DFORDAVID・東京・既婚・31歳)

3歳の子どもにかけている学資保険に医療保障がついています。別の医療保険でも家族全員にかけています。最初は、子どもに保険なんて……と思いましたが、子どもって本当によく病気にかかります。今は区の乳幼児医療補助制度ですべて無料ですが、この年齢枠を超えた後は自己負担があります。もし、大きな病気になって多額の治療費や入院費が発生したら、もちろんどんなことをしてでもお金を捻出したいとは思いますが、医療保障があれば多少安心です。お金の心配をせずに治療してあげられるよう、子どもにも必要だと思うようになりました。

そろそろ真剣に考えないとヤバいけど(kiwafuji・奈良・34歳)

確かに、治安も悪くなってきて自分の身は自分で守らなければならないですし、ペイオフ云々で自分のお金も自分で守る、そして今度は医療保障ですか……。大変な世の中ですよね。わたし自身は、何歳まで生きられるか分からない将来のためのお金を取っておく余裕はなく、今目先のことで手一杯です。もちろん、いろいろと細かい保障も大切なんでしょうけど、分かりやすくて・手軽で・簡単が売りの医療保険とかの方が望ましいです。

辛いことから学びました(marc・23歳)

先日父が大きな病気をしました。これからものすごーくお金のかかりそうな病気。心配していたけれど、父は母親も父親も同じ病気で亡くなっていたため、専用の保険を2口もかけていたのです。おかげで入院中もすごく広い個室に入ってもおつりがくるほどの保険がおりました。「備えあれば憂いなし。」もちろん備えはあっても憂いはあるけれど、お金のことが気にならないというのは、本当にラクでした。今はまだ働き始めたばかりなので、保険とか何もわからないけど、安心のためにも少しずつ勉強していこうと思っています。辛いことから学ぶものって本当に多いな、と思うこのごろです。

再手術に備えて(muneo)

再手術や入院が必要になるような病気を抱えている場合、絶対的に自分で医療保障を確保する必要があると思います。今のところ健康体なので心配はしていませんが、持病があるのでこのテーマをきっかけに保険を見直そうと思っています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

病気になる前に、保障を確保しましょう

Chikoさん、損保に所得補償保険という保険があります。これは医療保険ではなく、病気などで働けなくなった場合、毎月一定額の所得を補償してくれる保険です。たとえば今の収入水準から毎月30万円の収入があるとすると、病気などで働けなくなった場合にそれを補償してくれます。自分の腕で仕事をしているお医者さんがかなり入っていますし、私も入っています。一般的には最長で二年間所得を補償してくれます。会社員の場合は健康保険に加入しているので、病気で働けなくなると健康保険から傷病手当金という給付を受けられます。これは大雑把にいうと、月額給与の6割を一年半出してくれる制度です。しかし自営業の人だと国民健康保険になり、この制度はありません。ですから所得補償保険が大切になってきます。

くるりんちょさん、ガン保険は最近再発の場合も診断給付金が出たり、また退院後の放射線治療など「治す」ことにポイントをおいたものが多く出ていますね。それから言われるとおり、損保系のガン保険で自由診療を前提にかかった費用のすべてをカバーしてくれる商品も出ています。また共済の中には、女性特有疾病の範囲を広く取って、妊娠・分娩に伴う病気や乳ガンなどだけではなく、低血圧(症)・鉄欠乏性貧血・慢性関節リウマチなどでも保障がある商品も出ています。

DFORDAVIDさん、子どもはたしかによくケガや病気になりますね。共済に子ども専用のものがいくつかあり、ケガ通院は一日目から出たり、骨折や関節の脱臼の場合5万円おりるといった内容になっています。

ところで、保険に入る場合には現在の健康状態についての告知や診断があります。現在病気だったり高血圧症だと、保険に加入できなくなります。健康な時に保障はとっておくべきですね。また病気がある場合は、医療保険に入らず、その分のお金で医療用の貯蓄をするのも一つの方法です。貯蓄ならどんな病状でも自分で自由に治療のために使えますよね。人生は攻めと守りの両方必要で、医療保険は大切な守りの一つです。サッカーの名ゴールキーパーのように、肝心な時にしっかり守ってくれる医療保障がほしいですね。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english