自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/6/24(月) - 2002/6/28(金)
1日め

テーマ収入に応じて家事を分担するべき

今日のポイント

家事分担、どのように決めていますか?

投票結果 現在の投票結果 y26 n74
凡例
キャスター
辰巳渚
辰巳渚 マーケティングプランナー

女性が結婚しても働くのは、あたりまえの世の中ですよね。88年創刊の雑誌『Hanako』のキャッチフレーズは「キャリアと結婚だけじゃ、いや」でした。今の世の中、キャリアも結婚も手に入れるのはごくふつうの生き方です。「キャリアか結婚か」の二者択一を迫られた先輩たちから見れば、今の女性たちは幸せな環境にいるといえるのでしょう。

結婚しても、夫や親兄弟にとがめられることなく、自分のやりたい仕事を続けられるのは幸せなことです。でも、そんなあたりまえの幸せが、保障されるようになったのはごく最近。まだまだわたしたちは、女性が働くということ、夫婦がともに働くということ、についてのルールを作っている途中の段階なのではないでしょうか。

共働き夫婦にとって、最大の問題は家事の分担。今までは妻が仕事をする以上は、まがりなりにも家事をきちんとこなすことが必要だったけれど、今は「育児も含めて家事は夫婦が分担するもの」という常識が定着しつつあります。では、分担するのは当然として、どんな割合で分担すればお互いに納得できるのでしょう。

今までは、収入が多い夫よりも、収入が少ない妻が家事をたくさん分担すれば、まあ丸くおさまってきたはずです。一般的に、結婚するときは夫が年上で、キャリア職であることが多かったころは、夫のほうが収入が多いものだったからですね。でも、年上妻が増え、女性のキャリア職も増えてくると、妻のほうが収入が多いようなケースも出てきます。夫が32歳の美容師で、妻が38歳のテレビ局員だったら、どうでしょう? そうなったら、収入に応じて、夫がたくさん家事をし、妻が少しだけ家事をすれば、丸くおさまるのでしょうか。

「収入に応じて家事を分担すればいい」という夫婦円満の知恵は、「男性のほうが収入が多い」時代にしか通用しない知恵なのか、普遍的な知恵なのか。あるいは、「収入」の量と「家事」の量を連動させるのは無理があるのか。あなたは、自分がじっさいに結婚したときに、どうすれば不満が出ないと思いますか。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english