自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/10/14(月) - 2002/10/18(金)
1日め

テーマパートナーより年収が高いですか?

今日のポイント

調査では、男女の賃金格差は100対66。あなたとパートナーは?

投票結果 現在の投票結果 y35 n65
凡例
キャスター
渡辺教子
渡辺教子 ベネトンジャパン取締役広報宣伝部部長

『国民生活白書』によると、男女のフルタイム就業者を比較した賃金格差は、男性100に対して女性が66.5。パート労働者を含めると、100に対して50を切るというデータもあります。男女雇用機会均等法が成立して17年、いまだにこれほどの開きがあるのは驚くべきことですよね。国際的に比較してもかなりひどく、スウェーデンの91.2やオーストラリアの88.5を見ると考えさせられるものがあります。

もちろん、こうした問題は今後取り上げていくべきテーマですが、今回はこうした男女間格差とは逆転しているケース。つまり、女性の年収が男性を上回っている割合がどれくらいあるのかを、みなさんから教えてもらいたいと思っています。まだまだ実際には少ないのかもしれませんが、最近は能力主義を取り入れる企業も増え、性別・年齢・学歴などに関わらず、実力と成果に見合った給与を得られている方もいると思います。そうした方は、パートナーより稼いでいるケースも珍しくないのかもしれません。また、独立して仕事をされている方の場合は、自分が稼いだものすべてが自分のものになるわけですから、さらにその可能があるわけです。

では、パートナーより稼いでいる人は、どのようなお仕事をされているのでしょうか? 自分より年収の低いパートナーをどのように感じられているのでしょう? また一方、パートナーよりも年収が低いという方、一番身近なパートナーの給与明細と比較してご自身の給与は適正だと思いますか? みなさんからのたくさんのご意見、お待ちしております。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english