自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/10/14(月) - 2002/10/18(金)
3日め

テーマパートナーより年収が高いですか?

今日のポイント

年収差が原因でダメになった経験ありますか?

投票結果 現在の投票結果 y43 n57 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
渡辺教子
渡辺教子 ベネトンジャパン広報部長

みなさま、お久しぶりです。今回のプロフィール写真は、「ベネトンメガストア 新宿店」のオープニング・レセプション開催前の慌しい時に、店の前でパチリ。いやあ寝てないのがバレバレの顔をしていますね。

さて……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

このご時世給料は水もの?(マダムW)

現在、経理部長と雑貨販売の責任者をしております。だんなよりわたしのほうが2割程年収は高いです。義母と子どもの2人の扶養者がおり、社会保険と所得税ともだんなのほうにつけているのですが、所得税はわたしに扶養をつけたほうが節税になるので、こっそり確定申告のときも扶養を替えています。もちろんだんなの納付すべき所得税はわたしが払います。面倒くさいので本当はだんなに「子どもの扶養はわたしにつける」と言いたいのですが、傷つくかもと思い、話してはおりません。でも、以前はだんなのほうが年収は高かったし、いつまでこの状態が続くのかわからないのでこのままです。しかしだんなが勤務先で方針があわず退職し、雇用保険がもらえるからと家でグウタラしていて、わたしは仕事から帰ってきて家事をしていたとき、切れてしまいました。わたしは仕事を絶対に辞めない。義母がどうこう言おうと自分が経済的に自立できている立場は強い。

パートナーは専業主夫(call)

パートナーは専業主夫をしておりますので、世間一般の給与ですが、わたしのほうが収入が上です。男女賃金格差の問題ですが、一方で男性の側からみれば、男のほうが稼がなくてはならないという社会的プレッシャーがあるように感じます。制度的に、男女問わず能力によって収入が決まる社会になることよりも、社会的にそういったプレッシャーをなくしていく。そして、男女問わずそれぞれの選択肢が広がっていくことのほうがより大切であると思います。ちなみに、夫婦仲は世間一般よりもいいと思っております。

将来的に2人で年収を最大化できれば(明後日)

今、だんなはある資格取得に向け猛勉強中。仕事はしていません。当然、わたしのほうが年収は上。ですが、去年まではまったく逆の立場で、わたしが大学に入りなおしていたので収入はだんなにおんぶにだっこ状態でした。今どうあるのかでなく、将来的に2人の収入が最大化できればいいと思いますし、そういった長い目で関係を考えていけるのがパートナーというものでしょう。ということで、だんなはわたしの稼ぎだからって遠慮なく分厚い参考書を買い漁っています。少しは家計も考えてね。

わたしがもらいすぎている(KURO・大阪・既婚・40歳)

以前は夫婦とも流通業で、わたしが育児短縮勤務をして昇進も止まっていたので、当然、わたしのほうが給料は安かった。今年、わたしは製造業の人事部に転職。女性のキャリア開発をする仕事で、育児をしながら働いていた経験を活かすことができ、前勤務先では遅れていた昇進も、転職で一気に取り戻した。でも、製造業で総合職、40歳の給料は、家族を養う「お父さん」がもらう年収レベル。ハッキリ言って、わたしはもらいすぎている、と思う。でも、社内でこの仕事をするのには職位が必要で、年収だけを下げるわけにはいかない。夫とは、職位としては同レベルだけど、わたしのほうが年収が高いのは、流通業と製造業の違い、中小企業と大企業の違いだと思っている。夫婦間では、もともと貯金や財産を別々にしてたので、どっちの年収が高くても別に気にしていない。

OTHERS

年収と家事をバーターに考えるのはおかしい(explorer)

周囲の女性の話を聞きますと、どうしてわたしのほうが稼いでいるのに、家事までしなくちゃいけないんだという声が多い。わたしは彼とほぼ同収入ですが、だからといって家事の負担も同じにしようとは思いません。そういった家事と年収をバーターにして考えること自体、昔の男性的発想だと思います。お前は稼いでないんだから、家のことくらいしろ、というのを男女逆にしただけですよね。わたしはそうはなりたくない。お互いがお互いの得意なことを提供しあって、生活を豊かにしていきたいです。

実は、パートナーの正確な年収を知りません(ジョゼフィーヌ)

夫婦共働きをしていて、彼はフリーなので年収はその年によって違うため実ははっきりした収入を知りません(わたしは会社員なので彼のほうは知っているのですが)。たぶん自分よりは多いのだろうとは思っていますが、勤め人と違って経費など出ていくお金も多いので実際のところは不明。こんなにアバウトなのはウチだけかと思っていましたが、先日新聞で、2人の生活に必要なお金はそれぞれが共通の口座に入れ、後はそれぞれが自分の好きなように使い、お互いどれくらいの年収があるのかを知らない夫婦が増えている、という記事を読み自分たちが少数派ではなかったことに驚きました。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

パートナー同士の関係も多様性があって当然

みなさま、お久しぶりです。今回のプロフィール写真は、「ベネトンメガストア 新宿店」のオープニング・レセプション開催前の慌しい時に、店の前でパチリ。いやあ寝てないのがバレバレの顔をしていますね。

さて、今回のテーマを編集の方からいただき、楽しくて笑ってしまいました。確かに年収差の要因は業種や能力で給料が違うは当たり前だし、年齢=経験の違い・地域=物価の違いとすれば納得もできる。しかし、能力と会社に対する貢献度は変らず、男か女かというだけで年収差がでるとしたら時代錯誤ですよね。しかし、「ご主人」は外で働き、家庭に収入をもたらす。「奥さん」は家を守り、子育てをし、年老いた両親の面倒を看る。家族はお互いの存在意義に敬意を払い、大事にしあう。それが当たり前だった古き良きの時代に、「お父さん=家族の大黒柱」として、会社が「お父さん手当て」を「給料上乗せ」し、社会がそれを当然のように容認してきたのです。

でも、この20年間で社会と家族のあり方は、ドラスティックに変化しました。「内助の功」という言葉は、以前は家を守る奥さんに対する褒め言葉でしたが、今では夫もその任を果たすようになったのですね。

さてそのような中、日本人のメンタリティは、社会と同様に変化しているでしょうかねえ? 最近笑ったのが、廊下でわざと貧血のフリして倒れ、男性社員の気を引く若い女性を、ともさかりえ扮する女性社員が「あの女性は中身がどろどろよ」というCM。時代錯誤甚だしくて楽しい。「デキル会社」では、オンナを誇示するような女性は、通り過ぎる男性にそれだけで眉をひそめられるはず。でもあなたの周囲にそういう男性・女性まだいるのではないかしら。

会社で待遇面で男女対等を求めるけれど、飲み会になったら男が大目に払うべき、そして食事に行くと男性が払うのが当然、と考えている女性。またお茶をいれたり、飲み残しを女性が片付けるのが当然、と席をたってしまう男性。ここらへんの精神のありようが、家庭における今回のパートナーとの年収差の対応の差にでてくるのではないかな。

家庭での肉体的暴力であるDV(ドメスティック・バイオレンス)。これは、絶対許されるべきでありません。しかし、それ同様に、相手が必死に働いた収入を結婚しているからと、妻も夫も平然と自分のものとみなして自分の勘定にいれてしまう。これもDVの一種なのではないでしょうか? 人に多様性があるように、パートナー同士の関係も多様性があって当然。だから一概にこうあるべきと、わたしも言えません。

さて明日は、あなたの年収に引け目を感じて、離れていったor駄目になったパートナーっている? という、どろどろした話題はいかが?

今週の渡辺 教子

前回このコーナーを担当した時は、夏休みで四国にいました。わたしは、最近東京に落ち着かず、「彷徨っている」感じです。今日は、午後から上海。成田に向かう車の中で書いています。上海では取れていると思ったホテルが取れていなかったらしく、行ってどうにかなるだろうという感じ。国内旅行は、自分でチケットもホテルもインターネットで予約して、なるべくフィットネスクラブとプールがあるところを探しています。上海でも、そこが一番のポイント。9月に入ってからこの2カ月、3日以上同じ場所にとどまらず、札幌、京都、大阪、茨城、東京、その他と何往復もぐるぐるしています。上海は16日に、アジア最大のベネトンストアがオープンし、そのセレモニーに現地の日本人ジャーナリストを招聘しているので、そのアテンドが主業務です。

それにしても、10年ぶりの上海。どのような変貌を遂げているのかなあ、目の当たりにするのが楽しみ。もちろん食いしんぼのわたし、この季節は上海蟹のトップシーズンですからね。さてお出かけファッションは、グレーのパンツスーツにオレンジのショール。片道3時間なので、このような固いファッションでも大丈夫。バックは、頑丈な中味のほとんど入っていないヴィトンのスーツケースをカラカラと。

渡辺教子

渡辺教子

ベネトンジャパン広報部長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english