自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/2/24(月) - 2003/2/28(金)
3日め

テーマ退職後のマネープランを考えてますか?

今日のポイント

さまざまな金融商品に分散して運用を

投票結果 現在の投票結果 y54 n46 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
伊藤宏一

デフレについていろいろな見方があります。はるたいママさんは、デフレスパイラルの克服という問題意識で、激しいインフレの可能性を想定していますね。でも他方、時代は基本的にデフレとなり、日本以外に米国やヨー……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

夫婦で楽しんで投資や貯蓄を(ひとぴょん)

主人は46歳、わたしは41歳。国の年金制度や退職金があてにならない以上、自助努力は必要だと考えています。金や外貨、株式、投資信託を時間と商品の分散を考えて購入してます。メインはもちろん損失が怖いので預貯金が70%ぐらいで、投資商品は30%ぐらいです。夫婦で楽しみながら株式購入の話をします。

将来に備えて個人年金に加入(xtckids・未婚・30代)

個人年金に加入いたしました。額は少ないのですが、会社がどうなってもなんとか払える額にしたつもりです。しかし、そうした矢先に、会社がおかしなことになりそうです(わたしの以前いた支店を、他企業に売った! )。まだ会社がどうなるかわからないのですが、今も退職後もいろいろと考えながら行動しないといけないと心底思いました。

子どもと自分の将来を考えて(tomiko10)

今のところ考えているだけですが、子どもの将来、自分たちの将来などを視野に入れて、今、どれだけ貯められるかを考えています。とりあえずは、ローンの一括返済から始めて、貯められるだけ貯めておきたいと思っています。

NO

先が見えないから不安がらずに投資を(はるたいママ・東京・既婚・32歳)

一応貯金もしていますし、カタカナ生保で終身型の保険に入って(逆算的に、必要な額が確保できるように計画されているので、いつ何があっても大丈夫なはずです)、という自分の行動をみれば、一応マネープランを考えている、ということになるのでしょうが、あと30年以上も後の退職後のマネープランは、考えても無駄だと思っています。今の日本の経済は、合成の誤謬で、デフレスパイラルに陥っていると思いませんか? 企業は0%の金利でも借金を返し、個人は0%の金利でも貯蓄に励む。個々の行動をみれば、傷んだバランスシートを健全化させ、また将来の不安があるからこそ、必死で貯蓄して、個人が富んでいくのではないでしょうか? 貯蓄することはいいことなのでしょうが、その一方で、景気はいっこうによくならず、資産価格は下落を続ける。経済にお金が回っていかない。このようなスパイラルを止めるには、激しいデフレファイター的な政策、またはマイナスの預金金利など、非常識な策がとられるような気がしています。どちらも、預金の将来価値を減らすもののように思えます。インフレターゲットをもうけて、日銀が株から土地からすべてを買うようになれば、長い目で見て、円の価値が下落するでしょうし(空からお金をばらまくようなものですよね)、マイナスの預金金利も、預金のインセンティブをそぎます。考えすぎかもしれませんが、将来の預金にどのくらいの価値があるのかわからないのです。むしろ、今、最低限の保証を確保して、それ以外は、あまり不安がらずに自分に投資したり、子どもにとって生きていく力になるものに投資したり、そうやって生きていきたいと思っています。

自営業だから退職はないけれど……(tam・神奈川・既婚・40代)

退職がないので、NOなのでしょうか? というのは、自営業なので、仕事さえあれば死ぬまで働けるからです。しかし、国民年金だけでは絶対に生きて生けないと思っています。

保険や年金に頼るより自分に投資(ぷくちゃん・京都・既婚・35歳)

以前は考えたほうがいいかな?と思った時期もありましたが、先の見えない今の日本の経済状況を考えると保険や年金に頼るより自分に投資してスキルアップし、しっかり働き、地道に蓄えるしかないような気がしています。

とりあえず住は確保したけれど(たみたみ)

相手が家を購入したのをきっかけに結婚することになりました。定年までにはローンも払い終わる予定だし、改装、修理の費用も込みで家代は貯蓄予定なので、とりあえず住は確保しています。しかし、わたしは今の給料で1カ月暮らし、簡易保険を払うだけで精一杯なので、先のことまで考えられません。老後はかなり不安です。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

足元は自己投資、視界は老後まで

デフレについていろいろな見方があります。はるたいママさんは、デフレスパイラルの克服という問題意識で、激しいインフレの可能性を想定していますね。でも他方、時代は基本的にデフレとなり、日本以外に米国やヨーロッパもこれからデフレに入っていくという見方もあります。そういう見方の下では、預貯金や債券などキャッシュポジションを高めておくという判断もありえます。いずれにせよ将来の確実な予測は困難な時期ですから、資産の分散を図り、先を見ながら手を打っていくというスタンスが大切かなと思います。もちろん自己投資や子どもの生きる力への投資は大切だと思います。

老後資金の準備に向く金融商品について。まずは生命保険会社の普通の個人年金。これは予定利率が1%程度と低く、流動性も低いので、将来のインフレの可能性を考えるなら、商品としてデメリットがあると思われます。最近販売されている変額年金の場合は、運用によって将来受け取る年金額が増えたり、減ったりするわけですが、現在のところいい運用がなされている商品は少ないと思います。自営業の方の場合は、国民年金の上乗せの国民年金基金は所得控除にもなり、安全性も高いので評価できるのではないかと思います。全体としてみると、ひとぴょんさんのように、さまざまな金融商品に分散して運用することが基本的には大切ではないでしょうか? 

もう一つ。国民年金のことですが、保険料を払っていない人が多いと言われています。わたしは、国の年金制度は企業年金よりも破たんの可能性は低いと考えています。企業年金は起業の資金が枯渇すれば終わりですが、公的年金は税金の投入が可能という点があるからです。月1万3,300円の保険料を40年間払うと638万4,000円。65歳から80歳までに受け取る老齢基礎年金は年間80万4,200円なので、合計1,206万3,000円と払った保険料の倍近くになります。しかも終身年金なので長生きすればするほど得。また遺族年金や障害年金を受け取る権利もあります。また物価はスライドするので、インフレになれば年金額は増えます。もちろん国民年金だけでは満額で月6万7,000円なので、生活してはいけないけれど、ベースにはなると思うのです。どうでしょうか。

さて老後資金を作るためにも大切なのは自己投資。自分の価値を高めて収入のアップを図り、その一部を老後資金準備にまわすというのが基本だと思います。はるたいママさんやぷくちゃんのおっしゃるとおりです。「足元は自己投資、視界は老後まで」という考え方がいいでしょう。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english