自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/5/26(月) - 2003/5/30(金)
1日め

テーマ生保の予定利率引き下げを支持しますか

今日のポイント

予定利率の引き下げが与える影響とは?

投票結果 現在の投票結果 y38 n62
凡例
キャスター
小野瑛子
小野瑛子 家計の見直し相談センター代表

保険業法の改正案が5月23日の閣議で決定し、今回の国会で審議されます。法案が成立すれば、生命保険会社は破たん前に、契約時に約束した保険金の予定利率を引き下げることができることになります。

予定利率とは、生命保険会社が、保険加入時に契約者に約束した保険料の運用利回りのことをいいます。保険金額は予定利率を前提に計算しているため、利率が高いほど契約者が支払う保険料は少なくてよいことになります。

バブル期に結んだ予定利率の高い契約が経営を圧迫し、破たんが近づきつつある企業も出てきたため金融審議会は昨年、経営破たん前に予定利率を引き下げられるような制度の導入を検討しました。ただ生保各社が、契約者に理解が得られないと予想、反対により予定利率の引き下げは見送られました。

引き下げが可能になると、もちろん破たんは防げるかしれませんが、もらえるはずの保険金が少なくなります。金融庁の「破たんよりはマシ」という考え方、あなたは支持できますか?

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english