自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/5/9(月) - 2005/5/13(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
2日め

テーマ男性より稼ぐ自信ありますか?

投票結果 現在の投票結果 y47 n53 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
浅井秀一
浅井秀一 ストックアンドフロー代表

みなさん、こんにちは。たくさんの投票&投稿、ありがとうございます。 現在、「YES」と「NO」がほぼ半々という投票結果ですが、実は4年前にこのテーマで議論していただいたときも、1日目は同じく半々……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

稼ぎと生活のバランスを考えていくこと(れいこさん・神奈川・パートナー有・31歳)

これまで男性社会のメーカーの中で、男性と同等の勤務時間をこなし、具体的なタスクも設け、アウトプット重視の仕事をしてきました。稼ぎだけで見ると、業界の中では5歳くらい上の男性と同等の給与をもらっていますが、会社の中でも稼ぎの良い女性は極一部ですし、それだけ仕事を任せてもらえる環境もまだまだ少ないと思います。ただ、私生活を削ってまで稼ぐのが良いのか、稼げなくても日々ちゃんとした暮らしをする方が良いのか、自分の人生をトータルで見て、どうなりたいか考えたり振り返ったりしながら行動することが大事だなーと思う次第です。

賃金・待遇差を感じない環境もある(MANAMI・東京・パートナー有・41歳)

夫より稼いでいます。結婚して12年になりますが、夫より年収が低かったのは、育児休職をした年だけです(夫も定職に就いており、サラリーマンとして標準以上の収入はあります)。今の時代、「夫の収入だけで家族がずっと安定した経済的な基盤を持つ」ことは難しいと思います。いつリストラにあうか、大企業であっても倒産の危険はつきもの。社会保険や税金の負担は益々大きくなる中で、給料は右肩下がり。安心して家族が生活し、子どもを育てていくには、安定した経済的な基盤は大切。そのためにも自分の収入は維持していきたいと思います。厳しいことの多い社会環境でもありますが、それでも、選択の仕方によっては、男女の賃金や待遇の差別を感じずに働ける環境はあるものだと思います。女性が「自分の収入で生きていく」ことのハードルは、随分、低くなっているのではないでしょうか。

会社を選び、結果を出していく(delmar・千葉・パートナー有・34歳)

男性より稼ぐというか、今までうちの家族は私が勤めに出て、夫が専業主夫でしたので私の稼ぎで一家が暮らしておりました。ので、女性だから稼ぎが少ないと感じた事はありません。出産が近くなった時は「産後はどうしますか?」などと聞かれ、「私の稼ぎで食べてるのですぐ復帰します」という言葉を「頭のかたいおじさま達」が、なかなか信じてくれないというハンディーはありましたが、結果を出していけば女性だろうが、男性だろうが収入は上がると思います。しかーし、やはり社風などもあるようです。男でないと出世できない、昇給しないという古ーい会社の話も聞きます。「男?女?関係ないわ!私バリバリ稼げるし!」というスタイルで仕事したい方は、やはり、そういう社風の会社を選ばなくては無理ですね。

NO

子育てなどの環境的な制約(robbin・神奈川・パートナー有・36歳)

一応、NOとしておきます。しかし、職場その他の環境の問題が大きいと思います。例えば、子供のいる夫婦で同じ職場(or 職種)で働いていたとすると、よほど男性の上司や同僚の理解がない限り、子供に何かがあったら女性の方が子供の面倒を見るために仕事を休む等すると思います。しかし、例えば近所に祖父母が住んでいて、子供の緊急事態にも即対応できたり、突然の残業でも子供に影響がない環境があるとすれば、女性でも仕事に影響はないかもしれません。上司だったら、子供のいる女性は時間的に制約があると考えざるを得ないと思います。そうなると、実際の残業代等だけでなく、上司の評価というものにも影響があるのではないでしょうか。まだまだ子育ては女性の仕事という意識は、男性女性問わず根強いと思いますので、能力の問題というよりは、環境の問題が大きいのではないでしょうか。

男性と比べるのではなく(masa0815・青森・パートナー無・29歳)

男の人より稼ぐことが目的じゃなくて、豊かに生活できる分、親孝行や関心のある分野に寄付ができる分、(未来に向かっては子供に十分な教育を受けれるようにするため。まだいないけど(笑))稼ぐのが目的。男性と比べたいとは思いません。ただ、目的をかなえるために「男性より稼ぐ」事が必要なら、稼げると思います

まだまだ男性優位社会なのでは? (おさえ・東京)

子育ての期間、仕事はせず、資格取得に力を注ぎました。資格があれば男女格差が関係なくなるからと考えたからです。いざ、資格がとれ実務経験期間にはいりましたが、今のことろ資格の有無は関係ありませんし、前から勤めている人たちにリサーチしても、はなはだしい男女給与格差があり嫌な気持になりました。雇用先が変だからと言うことではなく、担当する顧客が男女の性別により受け入れてくれないところがあるらしいのです。独立も視野に入れて実務経験期間を過ごしますが、まだまだ男性優位という傾向は変わっていないような気がします。

自分のペースで仕事をした結果(みあい・愛知・パートナー無・27歳)

たくさん稼ぎたいという野心はありますが、「男性」よりという意識を持ったことがありません。あまり男性に負けじと力を入れて頑張るのもどうかなと。優雅に自分のペースで仕事をしていたら、たくさん稼いでいた、といったのが理想です。

機会や評価が不平等(エグ)

勤労すること23年目。できない男よりなら、はるかにやれると思っても、力を発揮させてもらえる場が少ない、理解のある上司(男性)が育っていない、男より働いても、収入は低い……そんな気がしています。でも、私が大学を卒業した頃は、男女雇用機会均等法もなかった時代。世の中は動いていくし変わっていくのだなあと実感しています。これからは変えていく、に意識をもっていきたいと思っています。男女問わず能力に妥当な賃金が支払われる世の中のために。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

能力よりも職場環境

みなさん、こんにちは。たくさんの投票&投稿、ありがとうございます。

現在、「YES」と「NO」がほぼ半々という投票結果ですが、実は4年前にこのテーマで議論していただいたときも、1日目は同じく半々という状況でした。あのときは、2日目以降、「YES」と「NO」が6対4、となりましたが、さて今回はどうなるでしょうか?

投票結果は4年前と同じ出足ですが、書き込みのほうは今回のほうが「自信にあふれた」内容が多いような印象を受けました。今日ご紹介する中には、現在の状況を分析する際に非常に参考となるものが多かったですね。その中で、robbinさんの「能力の問題というよりは、環境の問題のほうが大きいのでは」というご指摘に、ボクは特に注目しています。

「力を発揮させてもらえる場が少ない」(エグさん)という声と、「そういう社風の会社を選ばなくては無理」(delmarさん)というご意見に共通しているキーワードを探すと、やはり、職場環境なのでしょう。社風や業種、地域性……、いろいろなものが影響しているわけですね。

そこで、「YES」の方にお願いです。いまの職場を選ぶ際にどのような基準で判断したか、といった点や、あるいは良好な職場環境(今回は賃金面を中心に議論をお願いします)になるよう頑張った経験があれば、ぜひ教えてください。「NO」の方のご参考になるのではないかと思います。

それでは、引き続き、書き込み&投票、お待ちしております。

浅井秀一

浅井秀一

ストックアンドフロー代表

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english