自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/5/16(月) - 2005/5/20(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ実印を持っていますか?

キャスター
木村佳子
木村佳子 株式評論家 CFP

今回は実印を含め、ハンコについて皆さんとコミュニケーションしたいと思います。というのも日本はまだまだハンコ社会。契約、裁判、税金関係などの世界ではハンコの威力は絶大。知識がないためにハンコ1つで何千マン、いや何億の損害だって起こりえるのが現実です。ケアレスミスで損をこうむる前に知識を磨いておいて損はないと思うのでテーマに選びました。

さて、初日は「実印を持っていますか? その(1)」として実印でも三文判でも効力は同じ」というお話をば……。

最近、UFJ銀行のテレビ電話でのローン繰上げ返済手続きに金融機関お届けのハンコが必要でなくなりました。キャッシュカードを差し込めば手続きができるようになっているんですね。また、書類に捨て印を押さなくてもよくなりました。これまで、銀行に限らず金融機関の人はなんにでも平気で捨て印を押させる風潮があったように思いますが、捨て印は「一字訂正、二字加筆」など書面を訂正するときに「認めました」という意味で押す意味合いのもの。考えようによっては恐ろしいことを捨て印で認めさせようとしているわけで、私は自分が体験した裁判で捺印の恐ろしさを知り、以降、実印であろうが三文判であろうがけして捨て印は押しません。金融機関は膨大な書類処理の一環で旧・大蔵省の検査などで間違いを指摘されたとき、いちいち顧客にハンコの押し直しを求める時間や人的コストを回避すべく間違い記述もないのに最初から捨て印を押させて、物事を簡便に処理しようとしてきたようです。しかし、銀行も一般企業と同じ土俵にたって経営しなさいという時代になったので、「記述違いで訂正印が必要なら銀行員が自ら顧客にアプローチすべき」という具合に考え方を変えたようです。

捨て印っていうのは三文判でも実印でも法的意味合いはまったく同じ。「訂正を認めました」という解釈になるのでハンコ押すときは慎重にね。「実印でないからちょこっとハンコ押してと頼まれたけど大丈夫」なんてことは全くないんですよ。では、この一週間、皆さんのハンコに関するいろいろな思いや経験、疑問、質問、ご意見などをお寄せくださいね。お待ちしています。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english