自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1772
イタリアワインを楽しんでいますか?
投票結果
37  63  
338票 580票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2005年12月05日より
2005年12月09日まで
円卓会議とは

メイコ・イワモト
プロフィール
このテーマの議長
メイコ・イワモト イラストレーター、料理研究家
円卓会議議長一覧
今週は、住まいのあるイタリアから、そして出張先のウィーンから、皆さんとお話ができてとてもうれしかった……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 下戸ですが (junno・神奈川・パートナー有・35歳)
残念ながらお酒に弱い体質ですが、ワインの味自体は好き&イタリア在住の知人が送ってくれるので、ゼリーやリンゴ煮などスイーツにして楽しんでいます。飲める方には怒られてしまうかもしれませんが……。

yes ワインとチーズで…… (ごまちゃん・横浜市・パートナー有・41歳)
ワインは大好きで、イタリアのワインだけでなくいろいろいただいています。ワインのおつまみはなんといってもチーズが好きです。イタリアワインだったら、イタリアのチーズを選ぶとなんとなく相性が良いような気がします。パプリカにブルーチーズをのせると簡単で美味しいおつまみになります。お試しください。

yes 仏の方が好きではあるけれど (冬星・神奈川・パートナー有・45歳)
タイトルのとおり、仏の特にボルドー、カベルネ・ソービニヨン、つまりボルドーが好きです。が、イタリアワインもどうしてどうして……キアンティが好きではなかったので、引いていたのですが、まずはソアベで白のファンになり、赤もモンテプルチアーノの存在を知り好きになりました。また、そこまで食通ではありませんが、良いイタリアレストランに行くと、やっぱり「地のものは……」で、イタリアワインの方が何故か合うと思ってしまう私です。

yes 季節を感じる (Mitsuba・佐賀・パートナー有・32歳)
私の主人はワインをあまり飲まない人でしたが、結婚を機に口にするようになりました。旅をすればもちろん家でもわざわざワインの卸元さんを呼ぶくらいです。我が家のワインにあうお勧め料理は、季節野菜のグリルを塩・黒胡椒バルサミコ酢でいただくシンプルなもの。春は野草、山菜、夏はトマトやナス、秋はきのこ、冬は大根などの根菜を、季節を感じながらいただくワインは最高です!

yes 土壌は違っても…… (三和子・埼玉・パートナー有・32歳)
トスカーナに留学したとき、葡萄の収穫を手伝っていたり、地元ブランドをレストランが店を挙げて応援していたり、地元にワインが根差しているのを見て、いまでもついキアンティを購入してしまいます。彼らが日本に遊びに来たとき、近所の造り酒屋に連れて行ったところ、麹の匂いが醗酵するワインそっくりなこと、葡萄の絞り粕は蒸留してグラッパにしますが、日本酒の絞り粕は蒸留して焼酎にすること、まるで相談したように似たような工程で日本酒が造られていることを喜んでもらえました。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
料理とワインの素敵な関係
今週は、住まいのあるイタリアから、そして出張先のウィーンから、皆さんとお話ができてとてもうれしかったです。列車で移動しながらのメールは、スリリングでした(笑)。
三和子さんもトスカーナで素晴らしい体験をされたんですね。キアンティをひいきしてしまう気持ち、よくわかります。焼酎とグラッパに通じるものがあるという発見も楽しいですね。
冬星さん、お口に合う美味しいワインを見つけられて良かったですね。18世紀にフランスから移植したカベルネ種のトスカーナワイン、カルミニャーノDOCGや、カベルネやメルローが主体のボルゲリDOCなども試されたらいかがでしょう。「モンテプルチャーノ」の名を持つワインは2つあります。地名としてのモンテプルチャーノだとしたら(ヴィーノ・ノービレDOCGまたはロッソDOC)、プルニョーロ・ジェンティーレというサンジョヴェーゼ亜種のブドウを主体にしています。サンジョヴェーゼ種はキアンティでも主役です。キアンティはたしかに振幅の大きなワインで、同じキアンティ・クラッシコDOCGでも現地価格で7ユーロから70ユーロ位の幅があります。ワインの品質と価格は必ずしも比例しませんが、造り手の気合いの入り方、市場の評価に幅があるのです。話が脱線したのは私もキアンティびいきだからで、嫌いと言われるとついムキになってしまいます、ごめんなさい。キアンティ嫌いの方におすすめしたいのは、たとえばディエーヴォレ社の「キアンティ・クラッシコDOCGノヴェチェント2001年」。話を戻すと、もう1つのモンテプルチャーノはアブルッツォ州のモンテプルチャーノ・ダブルッツォDOCで前者とは無関係。同州特産のモンテプルチャーノ種のブドウがワインの名前になっています。こちらもコストパフォーマンスの高い美味しいワインです。
Mitsubaさんの塩・黒胡椒・バルサミコ酢でいただく季節野菜のグリル、ごまちゃんのパプリカにブルーチーズ、どちらも美味しそうで素敵です! 野菜好きの私からも、1つ簡単メニューをご紹介させてください。イタリアのレストランで欠かせない前菜のメニューです。季節の野菜(ズッキーニ、なす、いんげん、カルチョーフィ=アーティチョーク、パプリカなど)を網焼きし、E.V.オリーブオイルと白ワイン酢、ニンニクのみじん切り、塩、胡椒のドレッシングをつくり漬け込みます。作ってすぐにも召し上がれますし、1日ぐらい置いても美味しいです(ちなみに我が家では大量に作ったつもりでも、1時間以内に消費してしまいます)。辛口の白も軽めの赤も合いますが、プーリア州の辛口のロゼ、ローザ・デル・ゴルフォが相性抜群! 是非お試しください。
イタリア料理の締めくくりはデザート。junnoさんのワインゼリーやリンゴ煮のようにお酒を使ったデザートメニューが人気です。たとえばマチェドニア(イタリアのフルーツポンチ)には白ワインかマラスキーノ酒、バッバというサバランに似た南イタリアのケーキにはラム酒、ズッパ・イングレーゼというケーキには赤いアルケメスというリキュールを使います。合わせるのは良く冷やしたデザートワイン。フリウーリ・ヴェネツィア・ジューリア州のラマンドロなら最高です。大人のための美味しいドルチェが健在で、食事の後についつい大きなケーキをペロリと食べてしまう自分が怖い毎日です……。
1週間、お付き合いありがとうございました。イタリアワインで美味しい料理と幸せな人生を! Ciao! また、2006年もイタリアから、イー・ウーマンに登場させていただきます。

メイコ・イワモト
イラストレーター、料理研究家
メイコ・イワモト


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english