自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/1/7(月) - 2002/1/11(金)
3日め

テーマプロ意識をもって仕事をしていますか?

今日のポイント

プライベートでもプロ意識をもちたいという声が

投票結果 現在の投票結果 y82 n18 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋山ゆかり
秋山ゆかり コンサルタント

今日もやはりプロ意識を持って仕事をしている、していきたい、という声が圧倒的でした。まず、プロ意識とはどういうことか? の問いかけに対し、株式会社「あたし」と、会社の取引だと考えているとってもユニークな……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

自分の価値を意識すること(春椿・東京・未婚・27歳)

派遣社員として一年勤めていた後、会社との交渉後、派遣時代よりもいい年俸で契約社員になりました。自分の実力を買ってくれているという実感があるので、認められた自分の価値をもっと向上させるよう、心がけています。もちろん、レベルアップしていく自分の価値に見合った転職のチャンスも見逃さないつもり。

どんな価値を提供することができている?(はつね・東京・未婚・29歳)

プロとして……、大枠では「この仕事を通して世の中にどういう価値を提供していくのか」、毎日の業務では「わたしを通過する業務に、どういう付加価値をつけるか」、を考えてます。たとえば、業務の中心はマーケティングで、お客さま対応の部署は別にあり、評価もされないのですが、上記に照らして必要だと判断したら自分でご意見に対するお返事を書くこともあります。情報も横流しにするのではなく、必ず自分の解釈をいれるようにしてます。

部下をうまく使いこなせる人に(mopet)

自分はこれだけやっているのに会社に認めてもらえないとか、お客様とうまくコミュニケーションが取れないなど、仕事をしていると悩みはつきません。しかし、仕事ってチームワークだと思うんです。そのチームワークをうまく統括できる人がいて初めて大きなプロジェクトが成功するので、能力を過信しすぎて自分だけががむしゃらにやってるだけでは、部下もついてきてくれないと思います。自分が人の上に立つということは周囲への気配りができる人でなければならないと思うし、気配りのできる人は嫌な仕事も自分から率先してやってます。親の背中を見て子は育つと言う格言もありますが上司が見本になって後に続く人を育てる人であることもプロ意識と結びつくものではないでしょうか?

肩書きは自分でつくる(れりあ)

女性は男性よりも肩書きがつくりづらいぶん、一人前に扱われづらいのが現実ですよね。わたしは自分で努力して肩書きをつくります。カラーコーディネーター、ホームドクター、園芸相談員、ラジオのレギュラーナビゲーターセミプロ歌手、パソコンお宅。自他共に認めるレベルまで徹底的に極めます。趣味の延長なんて言う人もいますが、実際にはビジネスで格段の力を発揮します。趣味もプロ意識でやればプロになれる。そして、女性だからって甘えず、女性の感性は最大限に発揮します。必ず成果を出すと決めて効率よくがんばります。

株式会社「あたし」(big5・東京・既婚・29歳)

つねに、結果の完成度と投入したエネルギーのバランスを気にしながら仕事をしています。ひと言でいえば、日々の会社での仕事は会社と、株式会社「あたし」との取引であるということ。気分はフリーランサーです。

お金をもらう以上は……(sofa)

お金をもらう以上はプロという扱いですから意識は高くもっています。日々勉強と努力の毎日ですが、クライアントの方々が納得できる高品質納期厳守をモットーにがんばっています。

OTHERS

プロへの道は遠し(けろっぴぃ)

プロ意識をもって仕事はしたいんだけど、なんだか雑務に追われて、気がつくとプロなんて言えない仕事をしているわたし。なりたいけれど、その道はとっても遠い。

人生のプロでいたい(めぐ・東京・未婚・38歳)

お金をもらって働いている以上、プロ。でも、正直に言えば、公わたしの「公」をとるか「わたし」をとるかと言われたら、わたしは間違いなく「わたし」をとる。自分の人生一回きり、仕事のプロであることより、わたしという人生のプロでいたい。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

仕事のプロだけでなく、プライベートでもプロを目指したい?

今日もやはりプロ意識を持って仕事をしている、していきたい、という声が圧倒的でした。まず、プロ意識とはどういうことか? の問いかけに対し、株式会社「あたし」と、会社の取引だと考えているとってもユニークな意見が出ました。株式会社「あたし」と会社の取引であれば、会社対個人ではなく、会社対会社の取引となり、仕事へ投入した労力とその結果を評価することができるという考え方です。自分を会社と見立てて自分をマネージするとは、本当にいいアイディアですね。

また、自分が提供できる付加価値とは何かを考えながら仕事をしていくという意見も出ました。自分にしかつけられない付加価値が見つけられると自信も湧いてきます。これは、プロ意識を持ちたくてもなかなか持てないで流されてしまうと感じている人におすすめのやり方です。たとえば、わたしは人よりも早くタイプが打てる、どんな時でも笑顔で仕事ができる、など簡単なことでもいいので、自分にしかできない何かを探してみてください。

さらに、仕事だけでなく、「プライベートでもプロを目指して、一度きりの人生を楽しみぬきたい」、といった発言も飛び出し、非常におもしろい展開になっています。
さて、仕事のプロだけでなく、プライベートでもプロを目指したいですか? それは具体的にはどういうことですか?

秋山ゆかり

秋山ゆかり

コンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english