自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/1/7(月) - 2002/1/11(金)
4日め

テーマプロ意識をもって仕事をしていますか?

今日のポイント

「プロ意識」をもって取り組むために、どんなことをしている?

投票結果 現在の投票結果 y81 n19 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋山ゆかり
秋山ゆかり コンサルタント

プライベートでもプロを目指したいですか? という問いかけに対し、仕事も遊びもとことん追求するのがプロ、という声や、仕事もプライベートも、両方ともにプラスにできるような姿勢を持つことがプロなのではないか……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

両方にプラスになるように(morgan92)

仕事とプライベートをきっちり分けるのがプロだと思います。仕事は仕事、趣味は趣味、と完璧に割り切ってできる人は別として、仕事がうまくいかないのに、プライベートだけは充実するということはあまりないのでは。

遊ぶ時はとことん遊ぶ(penerope)

仕事をする時も、遊ぶ時も、とことん追求し、楽しむことができるのがプロだと思う。なんでも、中途半端だと、そこからは何も生まれないと思うから。でも、そうしたくても、なかなか完璧にはできないから、その狭間でみんなもがいているんでしょうね。

今年こそ、プライベートもがんばりたい(さとちゃん・長崎・29歳)

今までずっと仕事一筋にやってきました。といっても、先輩たちから比べたら、まだまだ全然たいした年数ではないのですが。今年こそは、仕事にプロ意識をもつだけじゃなく、プライベートもがんばりたいです。自分の人生に責任をもつということが大切だと思うので。

どんな仕事でも「わたしの仕事」をすること(miyabi・兵庫・未婚・26歳)

プロというと何か違う気もしますが、わたしはこの仕事にかけてはわたしなりのこだわり、やり方で責任を持って仕事をする、ということは心がけています。どんな仕事でも「わたしの仕事」をすることがプロ意識につながるような気がします。惰性だけではしたくないですね。

この年でキャンギャルなので(maria18)

わたしは30歳を超えていますが、この年で仕事はキャンギャルやコンパニオンをしています。周りは、20代前半から半ばくらいの子ばかりなので、彼女たちに合わせるため、普段からの肌の手入れや、体系維持は欠かせません。さすがに、体力は劣っているので、気力でカバーしています。こういう努力もプロ意識をもっての仕事だと思います。

初め→好奇心 詰め→プロ(ATSUKO)

テレビの制作に携わっています。やっぱり好奇心がないと、この仕事は勤まらないと思っています。そして、最後はやはり、プロとして仕事を送り出すということも忘れないように……。扱う内容によっては「なんでこんなことまでしなきゃいけないの?」と疑問に思うこともあるのですが、そこはやはり、放送につながること。プロ意識をもたなきゃいかんと、言い聞かせて仕事します。生活リズムは不規則ですが、自分の好奇心を仕事に結びつけることができるというのは、幸せなのかなぁ。

プロと認めてくれるのは第三者(Happy)

「わたしたちはプロですから……」新人研修で質問されるたびに繰り返していた、あの頃のわたしはプロと自負するほどの仕事をしていたのであろうか? 仕事ぶりを第三者が見て、プロだと認められることが大事であって、自ら口に出すことではないと思っています。

お客様から給料をもらっているのだから(まさねこ)

プロ意識をもって仕事をするようにしているという、みなさんの意見に同感です。あと、あるとすれば、お客様から給料をいただいている、という自覚が必要だと思います。自分で稼いでいる、という感覚。常にそういう考えで仕事をしていれば、いいかげんなことはできないし、全力をつくす。それがプロだと思います。経営者か社員かはプロ意識において関係ないと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

プロ意識を持って生きるために、どんな工夫をしていますか?

プライベートでもプロを目指したいですか? という問いかけに対し、仕事も遊びもとことん追求するのがプロ、という声や、仕事もプライベートも、両方ともにプラスにできるような姿勢を持つことがプロなのではないか、という意見が寄せられています。

仕事がうまくいっていないのに、プライベートが充実している。あるいは、その反対で、プライベートがうまくいっていないのに、仕事はうまくいっている、ということは、少ないかもしれませんね。何か気になっていることがあれば、ふとした瞬間にそれに引きずられてしまうのが人間です。仕事もプライベートもうまくいくように心がけて、どちらでも自分の力を100%出せるように、うまくコントロールできるのが人生のプロなのかもしれませんね。わたしは体調が悪くなると、仕事にもプライベートにも全力投球できなくなるので、体調を崩さないように気をつけています。たとえば、11月には必ずインフルエンザの予防接種をして、冬にかかりやすいインフルエンザの予防をしたり、飲み会などに参加しても11時前には失礼して、睡眠時間をきっちり確保したりするようにしています。

しかし、両方にプラスになるようにしたいが、その狭間でもがいている人も多いのではないか? と疑問も投げかけられています。みなさんは、仕事でもプライベートでもプロ意識を持って生きていくために、どんな工夫をしていますか?

秋山ゆかり

秋山ゆかり

コンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english