自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/1/7(月) - 2002/1/11(金)
5日め

テーマプロ意識をもって仕事をしていますか?

今日のポイント

今年こそ、プロとしての仕事をがんばりたい人はぜひ参考に!

投票結果 現在の投票結果 y81 n19 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋山ゆかり
秋山ゆかり コンサルタント

この一週間、プロ意識を持って仕事をしているかを、みなさんに問いかけてきました。まず、プロフェッショナルの定義を考えてみると、「プロフェッショナルとは、自分の付加価値で勝負し、食べていくこと。つまり、ク……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

24時間営業?(いまいくん・埼玉・既婚・38歳)

家具やインテリアのデザイナーをしていますが、ボクみたいな仕事の場合、休日におしゃれなレストランやカフェに行ったり、インテリアショップや雑貨屋さんをブラブラ見て歩くのだって、ある意味仕事なんですよ。どれだけの時間、プロとしての意識を持っているかってのが大事だと思う。「プライベートでは仕事のことを一切忘れる」ってのはプロじゃないと思うな。

株式会社「あたし」(big5・東京・既婚・29歳)

つねに、結果の完成度と投入したエネルギーのバランスを気にしながら仕事をしています。ひと言でいえば、日々の会社での仕事は会社と、株式会社「あたし」との取引であるということ。気分はフリーランサーです。

プロに認められる仕事をすることがプロ(tamaneko・東京・既婚・40歳)

「プロ」のとらえ方はいろいろだと思います。わたしに関して言えば、20代の頃は「お金」をいただける仕事をするのがプロだと思っていました。30代では、その道の「プロ」にも認められる仕事ができることが「プロ」だと思うようになりました。素人をだますことはできても、本当のプロはだませませんから。お金を頂いて仕事をする以上、「プロとしての仕事」をしていきたいと思います。

どんな価値を提供することができている?(はつね・東京・未婚・29歳)

プロとして……、大枠では「この仕事を通して世の中にどういう価値を提供していくのか」、毎日の業務では「わたしを通過する業務に、どういう付加価値をつけるか」、を考えてます。たとえば、業務の中心はマーケティングで、お客さま対応の部署は別にあり、評価もされないのですが、上記に照らして必要だと判断したら自分でご意見に対するお返事を書くこともあります。情報も横流しにするのではなく、必ず自分の解釈をいれるようにしてます。

プロ意識の源(葉子リーヴズ・関東・39歳)

講師という仕事をしているが、自分たちが一生懸命働いて得たお金を授業料として払い、真剣に学んでいる生徒さんたちに半端な授業はできない。それはわたし自身が、たとえば、一万円というお金を稼ぐには、どれほどの努力をしなければならないかということを、自分なりに知っているつもりだから。仕事があることのありがたさと、お金を頂くことの大変さを自覚できているかぎり、わたしは自分の仕事にプロ意識をもっていられる。

人間のプロ(シアン)

仕事も、家庭も、「ワタシ」も偏らずバランスを取って苦楽を問わずエンジョイしている人が、プロの人間ですよね。そんなプロを目指しています。

どんな仕事でも「わたしの仕事」をすること(miyabi・兵庫・未婚・26歳)

プロというと何か違う気もしますが、わたしはこの仕事にかけてはわたしなりのこだわり、やり方で責任を持って仕事をする、ということは心掛けています。どんな仕事でも「わたしの仕事」をすることがプロ意識につながるような気がします。惰性だけではしたくないですね。

初め→好奇心 詰め→プロ(ATSUK)

テレビの制作に携わっています。やっぱり好奇心がないとこの仕事は勤まらないと思っています。そして、最後はやはり、プロとして送り出すということも忘れないように……。扱う内容によっては「なんでこんなことまでしなきゃいけないの?」と疑問に思うこともあるのですが、そこはやはり、放送につながること。プロ意識をもたなきゃいかんと、言い聞かせて仕事します。生活リズムは不規則ですが、自分の好奇心を仕事に結びつけることができるというのは、幸せなのかなぁ。

両方にプラスになるように(morgan92)

仕事とプライベートをきっちり分けるのがプロだと思いますが、本質的にはどちらの境目もないというのも、プロなのではないかという気がします。仕事は仕事、趣味は趣味、と割り切ってできる人は別として、仕事がうまくいかないのに、プライベートだけは充実するということはあまりない

喜ぶ顔を見たいから(ナース)

医療関係の仕事をしているから、自分のちょっとしたことでも、受け取り手としては重大に受け取られる。そんなことを意識して仕事をしています。

任されても大丈夫な準備を(rizucherry)

できませんとか、わかりません、なんていう言葉を吐かなくていいように、常に疑問や、できていないことは、理解し、わかるように勉強しています。どれほどの評価を受けるかは、結果でわかることですから。

OTHERS

プロへの道は遠し(けろっぴぃ)

プロ意識をもって仕事はしたいんだけど、なんだか雑務に追われて、気がつくとプロなんて言えない仕事をしているわたし。なりたいけれど、その道はとっても遠い。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

プロ意識を持って仕事も、プライベートも充実できるようがんばりましょう!

この一週間、プロ意識を持って仕事をしているかを、みなさんに問いかけてきました。まず、プロフェッショナルの定義を考えてみると、「プロフェッショナルとは、自分の付加価値で勝負し、食べていくこと。つまり、クライアントに自分の付加価値を認めてもらい、付加価値に見合う対価を支払ってもらうこと」ではないでしょうか。ここでは、クライアント=お客様・社内の人・会社とさまざまです。みなさんの投票結果を見ると、8割以上の人がプロ意識を持って仕事をしていると答えています。当たり前なのですが、お金を貰っている以上、それに見合う仕事をすべきです。

しかし、プロ意識を持って仕事をしたいけれど、日々の業務の忙しさから、ついプロ意識を忘れてしまったり、プライベートがうまくいかなくて仕事に影響が出てしまったり、仕事だけでなくプライベートも充実させたいけれど、なかなか実現できないでもがいている人たちの声も聞こえてきます。私も常にうまくいっているわけではなく、やはりいいときと悪いときの波があります。そんなときには、24時間365日うまく行っている人はゼロと前向きな気分にリセットし、崩してしまったバランスをすばやく取り戻すことを考えるようにしています。そして、バランスを取り戻したときには必ず、自分は何がきっかけで崩れたバランスを取り戻せるのか、自分の研究をし、次の機会に活かすように心がけています。今年一年も、プロ意識を持って、仕事もプライベートも充実できるようがんばりましょう!

秋山ゆかり

秋山ゆかり

コンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english