自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/9/16(月) - 2002/9/20(金)
1日め

テーマあなたの仕事ワークシェアできますか?

今日のポイント

「この仕事は自分にしかできない」というのは思い込み?

投票結果 現在の投票結果 y68 n32
凡例
キャスター
川嵜昌子
川嵜昌子 オンラインマガジン『べんべん』編集長

ワークシェア、つまり、仕事を分かち合うということですが、なぜ今そんなことが言われるのかというと、行政的には失業対策です。残業を減らして、その分、新しく人を採用すればいいというわけです。たしかに、今の日本は「働きすぎる人(長時間労働の人)」と「仕事がない人」との2極分化が進んでいるように感じます。人件費削減のため、人が減らされ、残った人がいままでいた人の分まで働かざるを得ない状況が多々あります。

一方で、ワークシェアは、単なる人件費カットではないかとも言われています。つまり、正社員を減らして、パート、アルバイトを増やす。仕事は同じで、賃金減というわけです。今回は、しかし、雇用問題云々という話ではなく、みなさんの働き方やワークシェアについての考え方や体験談などを聞かせていただきたいと思います。

わたし自身は、働き方を改めたいと真に思っています。去年、脳膜が腫れて「即入院」と言われたのに仕事をしていたのですが、その時よりも忙しいので、できればワークシェアしたい。でも、問題は、誰と、どういうふうにシェアするかです。もう1人の自分のような人がいれば、ワークシェアはできると思うし、世の中に自分のような人はたくさんいるはず……。けれども、自分に似ている人はやはり忙しい……。あなたのいまの状況はどうですか? ワークシェア、したいですか? できると思いますか?

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english