自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/10/28(月) - 2002/11/1(金)
4日め

テーマ部下に裏切られたこと、ありますか?

今日のポイント

上場企業の社長さんでも気の抜けない部下の裏切りとは?

投票結果 現在の投票結果 y58 n42 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大平健
大平健 精神科医

フロンティアさんは幸せです。実際には、ほうぼうの会社で「裏切りなんて本当にある」のです。上司であるフロンティアさん自身が「楽しんで仕事をしている姿」が、思いは思いのままでさんのおっしゃる「北風と太陽」……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

NO

同じ意識を共有できれば(フロンティア)

部下に裏切られるなんて想像もできません。上司であるわたし自身が楽しんで仕事をしている姿を見せれば、みんなも同じ意識を共有してもらえると思っています。アパレルのデザイン室に勤務していて、職場は女性ばかり。同じブランドと仕事にあこがれてきた者同士なので、一般の企業とは違うかもしれませんが、裏切りなんて本当にあるのでしょうか。

OTHERS

部下に対する多様なアプローチを持つ(fff)

信頼とは相手のすべてを受け入れることである。そのためには、相手に問題があるのではなく、すべては自分に問題があると考える必要がある。考え方を変えることによって相手のすべてを受け人れることができるようになる──。新人管理職研修の際に、このようなことを聞きました。わたし自身も感じることもあり、実践してきたつもりです。しかし、この考え方はわたしにはあまりにも立派すぎました。部下を信用はしていますが、その問題をすべてを自分自身に置き換えて考えるなんて……。しばらく悩んだのですが、この考え方を全否定するのでなく、部下へのアプローチの1つと割り切ることにし、これでうまくいかないときは他の方法を考えるようにしています。

北風と太陽(思いは思いのままで)

よくマネジメントのスタイルを、「北風と太陽」を例にして語られることがありますよね。北風のように強制してやらせようとするマネジメントと、太陽のように相手の自発性を促すマネジメントがある、というように。一見、太陽のようなマネジメントが優れているかのように語られますが、これだと上司は期待だけして、それを「裏切る・裏切らない」は部下に託すということになりますよね。これは、あまりにもリスクがありすぎるような気がします。だからといって、北風がうまくいくというわけではないのでしょうが……。わたし自身は、表面上は太陽で照らし、心のうちでは北風を吹かせています。あの人、実は怖いんだよって自分のいないところで言われるのが理想です。

個人の問題として処理するべきでは(listener)

上司と部下というのは、それぞれの役割であって、人間性そのものに上下関係があるわけではないはず。部下と上司の間で「裏切り」があったとしても、それを上下関係において捉えてしまうと、下のものが上のものをという構図になってしまい、実情を誤って見ることになってしまうのではないでしょうか。つまり、上司も部下も裏切られたこと・裏切ったことを必要以上に重く考えてしまうことになる。そのため、もう少しドライに個人間の問題として処理したほうが気が楽ですし、その後にも活かせる経験となるのではないでしょうか。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

上場企業の社長さんでも、まだ、気は緩められない

フロンティアさんは幸せです。実際には、ほうぼうの会社で「裏切りなんて本当にある」のです。上司であるフロンティアさん自身が「楽しんで仕事をしている姿」が、思いは思いのままでさんのおっしゃる「北風と太陽」の太陽になっているのでしょう。ほんと、すごい話はいくらでもあるのですよ。もしかするとフロンティアさんが気がついていないだけで、これまた、思いのままでさんのおっしゃるように「あの人、実は怖いんだよって自分のいないところで言われ」ているかもしれません。別に気がついていなくても、お仕事が楽しく円滑にいっていれば良いわけですけどね。

fffさんの会社の新人管理職研修の話には、オオヒラ、ちょっと感心しました。これって、上司が部下を裏切ることの予防にもなっているんじゃないかなという気がして。気に入らない部下の成果を横取りしたり、果ては本人の嫌がるところへわざわざ「飛ばしたり」、そういうことをする上司も、自分では感情的に動いているつもりはないものです。純粋に仕事上の判断として「妥当」と考えたり、「これは切る」と決断しているつもりなのですね。そして、こういう上司が会社を駄目にしてゆく。

listenerさんがご指摘の通り、上司と部下とで「人間性そのものに上下関係があるわけではない」のですが、やはり、人間性が出てしまいます。それは、下のものが上を裏切るときも同じこと。以前、何人かの上場企業の社長さん対象の調査結果を見せてもらったことがありますが、その方たちは、「部下の絶え間ない裏切りを乗り越えてここまできたが、まだ、気は緩められない」と異口同音に語っておられました。これも、すごい話でしょ?

大平健

大平健

精神科医

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english