自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/12/2(月) - 2002/12/6(金)
3日め

テーマモチベーション保つ秘訣ありますか?

今日のポイント

あなたが一番モチベーションをキープできる環境とは?

投票結果 現在の投票結果 y42 n58 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
辻秀一
辻秀一 スポーツドクター

いろいろな意見があり、こちらも大変参考になります。さて、モチベーションを左右する外圧の中でも最も厄介なのが、結果や数字です。これらはどうしても自分ではコントロールできないものです。したがって、よりスト……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

気分転換が必要!(miechan)

モチベーションを下げないためには、適度な気分転換が必要かと思います。この夏から徐々に忙しくなり、この秋は、すっかり仕事漬け。ようやく、11月下旬になり余裕が出てきました。でも、出社拒否症のように、だらだらしてしまい、「体調不良」を理由に遅刻を数回してしまいました。頭では「会社行かなきゃ」って指示を出すんですが、気持ちがなえちゃって起きられないという状況に陥り、やっぱり、適度な気分転換の重要性を再認識しました。

仕事や生き方に対する目標をしっかり持つ(megmi_s.)

ちょうど昨日、主人と一緒にモチベーションの維持について遅くまで話し合っていたところで、今回のテーマはとても興味深いものがあります。わたしたち夫婦は、それぞれに自分で好きな仕事を営んでいて、それはとても幸せなことだと思っています。しかし自分で仕事をする事業者というのは、当然、誰かに指示されることもなく、怒られることもなければ褒められることもありません。結果は、数字、つまり、売上でしか自分を評価することができなくなってきます。業績の良い時は、それ自体がモチベーションになり「もっとがんばろう! 」という気持ちになり、楽しんで仕事をすることができます。逆に、業績の悪い時は、事業や生活の維持のために、なんとか資金繰りをしなければ……という現実と戦わなければなりません。そうなると、もう楽しむという余裕がだんだんとなくなってきます。こんな風に精神的に苦痛になった状況でモチベーションを維持するのは本当に大変です。仕事から頭を切り離してリフレッシュできる趣味や遊びを持てばいいのかとも考えましたが、仕事が充実していない以上、ただ遊んでみても一時的な楽しさでしかないと思いました。やはり、仕事や生き方に対する目標をしっかり持つことでしか自分を奮い立たせることはできないのでは、と思います。また自分にとって良い刺激になるような人とお話をすることも、モチベーションを維持する上で大切なことかもしれませんね。

パワフルな人に接すること(ぴあのカフェ)

モチベーションが下がったら、各界で活躍している人、あるいは身近でも、元気で前向きな人の話を聞きます。相手のパワーに押されて一時的に落ち込むこともあるけれど、しばらくすると必ず、このままの自分じゃいやだな、と思えてきます。

OTHERS

自分なりの目標(takiko)

最近、周りの人とのモチベーションのギャップに戸惑っていたところです。もっと仕事がしたい、と言って入った職場なのに、周りの「のんびりムード」にすっかりなじんで、ただ何となく仕事をこなしてきてしまいました。がつがつやりたいけど、目立ったり浮いたりするのが怖くて、何も感じることなく過ごしてしまいました。今は周りのペースを乱さないようにして、どうしたら自分の仕事ができるか、考えながらやっています。結局、自分がどうしたいかはっきりしていないと、譲れないものがないと、流されてしまうのですね。

時には聞き流すことも必要(じゃらふ)

上司から頭ごなしに「ガミガミ」は、よくあることだと思いますが、この「ガミガミ」の受け止め方もモチベーションに影響していると思います。ガミガミをすべて受け止めようと思うと、自分はダメ人間に思えてしまう。でも選別できれば、必要なことは厳粛に受け止め、必要以上の叱責は聞き流すことで、随分落ち込み度合いが変わってくるように思います。聞き流すための極意は、「怒られている自分は、怒られる役を演じている」と思うこと。上司だって怒らなくちゃやってられない気持ちの時もあるでしょうと思って、はけ口の役割を買って出てあげてると思えば、胃がシクシクしたりしなくなりますよ。こうやって選別ができるようになると、怒られてしかるべきことについては前向きに怒られることができます。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

結果や数字をに左右されない思考

いろいろな意見があり、こちらも大変参考になります。さて、モチベーションを左右する外圧の中でも最も厄介なのが、結果や数字です。これらはどうしても自分ではコントロールできないものです。したがって、よりストレスの原因になってしまうわけです。

スポーツでも、これとまったく同じことが言えます。勝つという結果や記録という数字がすべての世界で動いています。そんな中、本当に結果や数字を出している選手たちにはある共通の考え方があります。一つは、結果を作り出しているのはまず変化であるということ。結果は変化の集大成だという考え方を持ち、いつも変化を大切にし、変化を重要に生きています。もちろん、変化を見る力を養うべく努力もしています。今日一日の練習でどんな変化があったのだろうか、など。どんなにオリンピックで勝ちたいと思っても、勝つのにふさわしい変化を成し遂げなければ勝ちはやってきません。結果は変化に伴ってやってくるのです。この力に優れるスポ−ツ選手の一人がイアン・ソープです。マスコミの「メダルを逃したようですが」という問いに「別に」。「自分はいつも変化・成長と楽しみに泳いでいる。結果が出なくとも今日の泳ぎでまた何か成長や学びがあった。それこそが自分の勝利です」。という言葉がすべてを表してますね。

もう一つの考え方は、結果は行動が作り出しているという考え方です。シュートが入るという結果は、シュートを打つという行動によって初めてもたらされますね。したがって、自分でコントロールできる行動という部分に集中し全力を尽くすという発想です。この思考法の名人はイチロ−選手です。イチロ−選手はヒットを打つことや、塁に出るという結果よりも、準備という行動にすべてエネルギーを注いでいます。評価は結果を考えるだけでなく、自分はどのような行動をしたのかと、いつも自分を振り返るのです。行動をよりよくすることは自分でできることですから……。彼らのこのような思考法をわたしは「社会力」と読んでいます。詳しくは拙書『ほんとうの社会力』(日経BP社)を読んでいただけるとさらにご理解いただけるかと思います。

辻秀一

辻秀一

スポーツドクター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english