自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/2/17(月) - 2003/2/21(金)
1日め

テーマ仕事も家庭も望むのは贅沢ですか?

今日のポイント

長時間労働などで子どもが欲しくても持てないですか?

投票結果 現在の投票結果 y20 n80
凡例
キャスター
秋山ゆかり
秋山ゆかり ボストンコンサルティンググループ コンサルタント

少し前に、日本経済新聞で、「仕事と子ども(家庭)もなんて贅沢すぎる」という記事を読みました。妊娠の可能性がある女性が異動のタイミングで退職を迫られたり、育児休暇復帰後の昇進をあきらめるなどの話が紹介されていました。

子どもとの時間がなかなか持てない、自分を犠牲にしてでも会社へ貢献しなければ昇進・昇給はできないが家事・育児の負担が大きくできない、などの悩みを抱えている方も多いと思います。また、現在の職場環境および家庭環境を考えると子どもが持つ自信がないと悩む方も多いのではないでしょうか。

働く女性の増加に伴い、女性が働くことに対する社会一般の考え方、家庭のあり方、男女の役割に対する意識など、さまざまな価値観が変わりつつある時代だと思います。したがって、女性自身も「仕事か家庭か? 」ではなく「仕事も家庭も」という考え方に変わってきているのではないでしょうか? 家事・育児の負担が女性に偏りがちでは、疲労やストレスがたまって仕事に影響してしまうのも仕方ありません。

わたしは仕事も家庭も充実させたいですし、努力すれば無理なことではないと思います。問題は、どうやれば一番労力をかけずに、自分の欲しいものをすべて手に入れるかです。

みなさんは、仕事も家庭も望むのは贅沢だと思いますか? 両立の秘訣はなんでしょうか?

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english