自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/4/21(月) - 2003/4/25(金)
1日め

テーマ功績を社内でアピールできていますか?

今日のポイント

組織内で更なるキャリアアップを図るために

投票結果 現在の投票結果 y17 n83
凡例
キャスター
大塚葉
大塚葉 『日経PCビギナーズ』編集長

先日、厚生労働省が発表した2002年版「働く女性の実情」(女性労働白書)によると、女性が起業を目指す動機のベスト3は、1位「年齢に関係なく働きたい」(67.1%)、2位「好きな分野・興味のある分野で仕事をしたい」(68.1%)、3位「自分の裁量で仕事をしたい」。そのほか、「女性の昇進・昇格に限界がある」(19.1%)、「女性に任される仕事の範囲に限界がある」(15.6%)なども挙げられています。この結果をみると、組織内では「女性である」ということがキャリアアップの障害になっている、と感じている女性が多いといえそうです。

しかし、本当にそういった会社環境だけがキャリアアップの妨げになっているのでしょうか? せっかく十分な実力を持ち、功績も残しているのに、それを認識されてないということで、キャリアアップを遅らせているということも考えられるのでは? 組織内でキャリアアップを図るには、まず、自分の功績を一人でも多くの人に認めてもらうことが大切です。

みなさんは、自分の功績をどれぐらい周囲の人たちに認めてもらっていますか? また、自分自身で功績をアピールできていますか? 特に管理職の場合、上司だけでなく、部下へのアピールも重要ですね。

今週は、自分の功績をうまくアピールできているかどうかについてお聞きしたいと思います。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english