自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/7/28(月) - 2003/8/1(金)
2日め

テーマ風通しのよい職場のための工夫ある?

今日のポイント

立場を問わず話しかけやすい雰囲気、ありますか?

投票結果 現在の投票結果 y56 n44 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
尾花紀子
尾花紀子 日本IBM

ようやく梅雨の明けた飛騨地方へ、仲良しのママたちとプチ旅行を楽しんできました。息子たちは林間学校へ行っている真っ最中の、つかの間の息抜きです。なのに、日曜日の夕方届いた「明日の午前中まで」という仕事の……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

パーティションを配置換え(古川みゆき)

コミュニケーションは風通しの良さの基本。デスクの配置は、かなり影響します。わたしの会社は外資系で、マネジャーは普通パーティションによって部下と切り離されています。部長席と呼ばれるパーティションで囲まれたちょっと広めのスペースは部長のステータスのしるし。でも、かなりコミュニケーションの妨げになっています。思い切って、部下に混じって座れるように配置換えしました。結果、わたしが何をしているかも部下に直に伝わり、部下も質問しやすいと好評です。

自分ができることをする(Kit・大阪・53歳)

風通しの良い職場であるかを探るには、どのくらい情報が流通しているかではないでしょうか。工夫というほどのものではありませんが、立場が上がるにつれ、情報が少なくなりやすいことも事実だと思います。そこで、目線を下げ、担当者と同じ目線で物事を見るように努力しています。これって結構難しいんです。上司が部下のためにできることはないかを考えると、私的な相談に乗ることと、承認昇格のお手伝いくらいしか、現実にはありませんね。他はほとんど命令形の押し付けとなってしまいます。そこでは何かしても「してあげる」になってしまうんですね。これが部下にはたまらなく苦しく思える原点ではないでしょうか。自分ができることを上司も進んでしていくと、部下の見る目も少しずつ変わってきて、明るく話しやすい雰囲気が出てくると思います。

休んだ時のサポートがしっかり(aim↑)

前の職場では有給休暇・フレックス制度と充実はしてたものの、有給休暇どころか「今日フレックスで」とも普通に言えない雰囲気には得心いきませんでした。結局退職間際でも同じで、残したまま退職しました。現在の職場は休んだ時のサポートがしっかりしているので安心して働けています。制度だけでなく、こういうコミュニケーシュンの地盤があると、「特に用もないけど休みたい」がなくなるものだなと感じています。

行き着くところは人事(いまいくん・埼玉・既婚・40歳)

クライアントとともにオフィス作りをする立場にいますので、いろいろなケースを見てきました。しかし、結局行き着くところは人事なんですよね。人事さえきちんとやっていれば、居心地がよく、風通しも良くて、自然とモチベーションが高まる職場になります。適材適所の人員配置をし、業績をきちんと評価して、それをチームなり個人なりに公正に分配し、昇進・昇格を的確に行う。これさえきちんとやっていれば、あとは枝葉末節です。

話しやすい職場にしてくれている上司に感謝(チョコレートケーキ・神奈川・既婚)

交通事故で足を骨折。40日の有給休暇を全部使う全治3カ月の診断を受け、正直やばいな、と思ったのですが、お盆明けには復帰できそうです。今の職場では個人に仕事が特化されてないので、誰かが抜ければ誰かがやるという体制になっています。長期に及べばさすがに負担を強いてしまうので、本当に申し訳ないのですが、待っていくれていてありがたいです。そして事情を話しやすい職場にしてくれている上司の手腕と会社の制度が充実していることに感謝しています。

NO

自分で納得できる仕事をすること(tamafish)

有給休暇や勤務時間の設定は、上司的にはかなり自由があると思うのですが。自分の仕事だけきっちりやれば、問題はない、という感じですので、逆に休むと不安になってしまいます。同僚に負けてしまうんじゃないかとか。職場の問題というよりも性格の問題が多いかも。自分でできることは、自分で納得できる仕事をすることかも。

女性の多い職場(ikkyuusan193)

女性が多い仕事場なので、「風通しがいい」ということを、入社した時いろいろな人に言われました。自分では何もしていない状況だが、今後工夫ができればいいと思う。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

重要なアイテム「気付き」

ようやく梅雨の明けた飛騨地方へ、仲良しのママたちとプチ旅行を楽しんできました。息子たちは林間学校へ行っている真っ最中の、つかの間の息抜きです。なのに、日曜日の夕方届いた「明日の午前中まで」という仕事のメール。ブロードバンド回線のない中、部屋のアナログ回線で必死に仕事をしていたわたしの可哀想だったこと! 休暇だったんですけれどねぇ。

さて、今回は「職場の環境」がテーマですが、初日からいいお話をいろいろありがとうございます。

古川さんのような「パーティションの工夫」、外資系やベンチャー系の企業などでよく試みられていますね。気持ちの壁をなくすには第一歩は、物理的な壁をなくすこと。まずは「見通し」が風通しへの入り口というところでしょうか。

物理的な環境は、情報の疎通も促します。Kitさんのおっしゃるように、立場が上になればなるほど、誰が何をしているか、それがどれほどの技術や労力を要するかが、見えなくなりがち。表立って見えない努力や苦労を気付いてもらえた時は、誰もが嬉しいものですし、モチベーションもアップします。「気付き」は、いついかなる場合でも重要なアイテムのようです。

自然に気付くことが難しい場合は、コミュニケーションがものを言います。年齢や性別、あるいは職務歴や役職という「立場の壁」を感じさせない「話しやすい環境」があれば、情報の共有もスムーズで、お互いに気づくことも増えてくるでしょう。そうすれば、評価も福利厚生に関することも平等になっていきますよね。

「物理的な壁」「立場の壁」。みなさんの身近で感じる「壁」について、いい点、改善してほしい点、改善された事例など、どんどんお寄せください。

尾花紀子

尾花紀子

日本IBM

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english